NEW

JRAオジュウチョウサン「大敗」平地挑戦は終了!? 有馬記念(G1)以来で1番人気も「次走」は……

【この記事のキーワード】, ,

JRAオジュウチョウサン「大敗」平地挑戦は終了!? 有馬記念(G1)以来で1番人気も「次走」は……の画像1

 大いなる挑戦は終わってしまうのだろうか。

 6日、東京競馬場で六社S(3勝クラス)が行われ、障害最強馬オジュウチョウサン(牡8歳、美浦・和田正一郎厩舎)が登場。単勝1番人気に推されたものの、10着に敗れた。

 15頭立てで行われた芝2400m戦。オジュウチョウサンは好スタートを決めると、主戦の石神深一騎手の指示に応えるように好位をキープ。最後の直線を迎え、2番手から先頭を窺ったものの、馬群に沈んでしまった。

 予定されていた今夏の宝塚記念(G1)を回避したこともあって、昨年末の有馬記念(G1)以来となる平地挑戦。昨年は同じ舞台を勝ち上がっただけにファンも期待していたのだが……。

「好スタートから好位をとれましたし、スムーズなレースだったと思います。それだけにこの結果はショックですね。昨年の南武特別は2勝クラス(1000万下)でしたが、1つクラスが上がって厳しい結果になりました」(競馬記者)

 また、昨年の南武特別は11月開催と東京競馬場も開催1カ月が経っていたが、今年の六社Sは開幕週。昨日のサウジアラビアRC(G3)がレコード決着した絶好の馬場コンディションだっただけに、レースも33秒台の決め手を持つ馬が台頭。

 オジュウチョウサン自身も昨年の南武特別よりも0.1秒だけ遅い上がり3ハロン34.6秒で上がったが、切れ味に不安のある本馬にとっては、厳しい条件だった。

 レース前、石神騎手が「『(平地の)重賞でも』と思わせる勝ち方をしてほしいし、ここは通過点としてクリアしてほしいですね」と強気に語っていただけに、この結果は重い。

 次走は未定でステイヤーズS(G2)や有馬記念が候補に挙がっていたが、最強ジャンパーの平地挑戦はこのレースが最後になる可能性が浮上した。

JRAオジュウチョウサン「大敗」平地挑戦は終了!? 有馬記念(G1)以来で1番人気も「次走」は……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  7. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  8. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  9. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  10. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々