NEW

激ヤバの「攻略パチンコ」最新作の仕上がりは? ブームが巻き起こる今、期待が膨らむ!!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

激ヤバの「攻略パチンコ」最新作の仕上がりは?  ブームが巻き起こる今、期待が膨らむ!!の画像1

 Daiichiが打ち上げたパチンコ『天下一閃』から、権利物復活の狼煙は消えることがなく続いている。このたび、9月26日に公示された検定通過情報に『Pホー助YKBU2』の名が掲載されたのだ。

「ホー助くん」といえば時代を代表する権利物の名機。期待が膨らむのも当然である。

 これまで、初代となる『ホー助くんDX』からはじまるシリーズは、『キングホー助V』、『CRキングホー助K』『CRホー助ミニ』と4機種リリースされているが、もちろんどれも役物機としての登場である。

 基本的なゲーム性は変わらない。オトシに入賞すれば役物上部の羽根が開放、その時に玉が役物に拾われるとチャンス。振り分けのある回転体のチャンス穴に入るとドットが始動し、「3」や「V」などの規定の図柄が揃うと大当りとなる。

 スペックによって出玉はマチマチだが、どれも連チャン性があるのも特長の一つである。大当り後に羽根が開きやすい状態にある、いわゆる時短によるチャンスタイムが存在し、大量出玉獲得の期待が持てるゲーム性となっているのである。

 シリーズ最新作となる『Pホー助YKBU2』も基本的には同じ手順やスペックとなるだろうが、羽根物機づくりに定評のあるアムテックス、新たな仕掛けや役物を搭載するなど、そこは何かやってくるかも知れない。

 そこで思い出すのが初代『ホー助くんDX』の技術介入性や攻略要素である。

 役物内の回転体が一定のリズムを刻んでいた初代は、これに合わせて単発打ちをすることで少ない投資でドット始動回数を極限までにアップさせることができたのだ。

 もちろん、これは時短中も有効で、制限された羽根開放回数の中で確実にドットを回すことのできる凄腕も多くいた。それどころか、1回の開放でドットを2回変動させることが可能でもあったのだ。

 正直、ここまでゴリゴリの攻略マシンがこのご時世に登場することは考えにくいが、この権利物ブームを安定した文化まで再定着させるためには、技術介入要素は必要不可欠ではないだろうか。

激ヤバの「攻略パチンコ」最新作の仕上がりは? ブームが巻き起こる今、期待が膨らむ!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!