NEW

武豊シェーングランツ「一変」秋華賞(G1)に向け馬体急成長!? 世界的良血の進化やいかに

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

武豊シェーングランツ「一変」秋華賞(G1)に向け馬体急成長!? 世界的良血の進化やいかにの画像1

 

 13日(日)に開催される秋華賞(G1)。その牝馬3冠最終戦に世界的良血・シェーングランツ(牝3歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が出走を予定している。

 シェーングランツは、昨年のアルテミスS(G3)を後方から差し切って優勝。その後は阪神JF(G1)で4着と掲示板を確保した。

 今年に入ってからは、チューリップ賞(G2)で5着。桜花賞(G1)では早い流れに脚をためることができずに9着。そしてオークスでは最後の直線で外に出され、そこからくるかと思いきや、脚が伸びずに7着に終わっていた。

 懸けられた期待に応えられないでいたシェーングランツは、今回の秋華賞でも伏兵扱いだ。

 だが、現役時代は名伯楽としてならした鈴木康弘元調教師が、「スポニチ」のコラムで、東京五輪体操競技の金メダリストであるベラ・チャスラフスカ選手になぞらえ、『今春とは見違える、華麗なる変身ぶり』『馬体を見れば、キ甲が伸びている。それに伴って首差しに力強さが加わりました。腹周りも今春以上にふっくらしている』などと大絶賛。にわかに注目度が上昇している。

「今夏は山元トレセンに放牧に出されていたみたいですね。津曲調教助手も『春より馬体がひと回り成長して体もしっかりしてきた』とその成長を語っています。

 シェーングランツは今年の始動戦だったチューリップ賞では馬体重が472キロだったのですが、桜花賞では462キロ、オークスでは458キロと減らし続けるなど、ひ弱さが目立ちました。ですがひと夏を超えてそれも解消しつつあるようです。世界的良血ですし、ここで一変してもおかしくはないでしょう」(競馬誌ライター)

 さらに藤沢調教師も『スポーツ報知』の取材に「春までは姉ほどのたくましさがなかった」と明かしたが、「馬が良くなった今なら流れに乗れていい」と目を細める。

「オークスでは万全ではなかった状態で上がり3位の34秒8の脚を使って、勝ち馬から0秒7差。また今回有力視されているクロノジェネシスとは0秒3差、ダノンファンタジーとも0秒2差です。展開が向けば逆転も不可能ではないのでは。

 秋華賞は流れることが多く比較的差しが決まりやすいレースです。これまでのように最後方からでは厳しいかもしれませんが、中団で運ぶことができれば、面白いと思います。ちょっと包まれるのを嫌がる傾向もあるようなのでなるべく外の枠を引くことができれば、チャンスはあるでしょう」(競馬記者)

 秋華賞でシェーングランツの末脚が爆発する!?

武豊シェーングランツ「一変」秋華賞(G1)に向け馬体急成長!? 世界的良血の進化やいかにのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!