NEW

【府中牝馬S(G2)展望】プリモシーン、ラッキーライラックに注目集まる! 波乱含みの牝馬重賞を勝つのは誰だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

の画像1

 10月14日(月)に東京競馬場で府中牝馬S(G2)が開催される。エリザベス女王杯(G1)への重要なステップレースで、勝ち馬には優先出走権が与えられる。

 今年は抜けた馬がおらず混戦模様となっているが、その中で注目を集めているのがプリモシーン(牝4、美浦・木村哲也厩舎)だ。

 昨年は牝馬3冠路線に乗ったもののいいところがなく、関屋記念(G3)で3歳牝馬ながら古馬を相手に重賞初制覇したのが唯一の勝ち星となった。

 ところが今年に入って一転し、始動戦のダービー卿CT(G3)2着、ヴィクトリアマイル(G1)2着、中京記念(G3)3着と絶好調。この勢いに乗って秋初戦となるここで弾みを付けたい。

 キャリアの中でマイル以上を走ったのが秋華賞(G1)のみで、7着と負けているのが気になるところだが、今回は斤量も前走より軽くなることもあり、200mの壁は超えられるのではなかろうか。

 一昨年の2歳女王ラッキーライラック(牝4、栗東・松永幹夫厩舎)も忘れてはならない。

 昨年春のクラシックでは桜花賞2着、オークス3着と見せ場を作ったが、秋華賞では9着と惨敗。休養に入って今年の始動戦となった中山記念(G2)では、6番人気ながらタイム差なしの2着と好走。続く阪神牝馬S(G2)は1着からわずか0.2秒差という混戦の8着。ヴィクトリアマイルも0.1秒差の4着と際どい勝負を見せた。

 東京コースはG1で二度経験済み。距離もマイル中心に使われてきたが、1800mでは2着しているので心配はない。鉄砲駆けするタイプなので、休養を挟んで秋初戦となるここでもいい勝負ができる可能性は高い。

の画像2

ベテラン勢ではクロコスミア(牝6、栗東・西浦勝一厩舎)も怖い存在だ。一昨年の当レースの勝ち馬でもある。

一昨年、ここを勝ってエリザベス女王杯で2着するも、その後は凡走続き。昨年も同じローテーションでここでは5着に終わるが、本番のエリザベス女王杯ではまた2着に入る。その後も再び凡走するが、ヴィクトリアマイルでは3着と好走。

前走の札幌記念(G2)では不利を受けたこともあって、見せ場なく惨敗しているが本番に強い馬なのは確か。当レースを勝っていることもあるので油断できない。

【府中牝馬S(G2)展望】プリモシーン、ラッキーライラックに注目集まる! 波乱含みの牝馬重賞を勝つのは誰だ!のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!