NEW

JRA・C.ルメール秋華賞(G1)で「川田潰し」再び!? ダノンファンタジー1番人気「歓迎?」不気味さ増すコントラチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRA・C.ルメール秋華賞(G1)で「川田潰し」再び!? ダノンファンタジー1番人気「歓迎?」不気味さ増すコントラチェックの画像1

 13日に京都競馬場で行われる秋華賞(G1)。桜花賞馬、オークス馬不在の今年は、どの馬にもチャンスがありそうな混戦模様だ。

 その中でもオークス(G1)で3番人気に推されたコントラチェック(牝3歳、美浦・藤沢和雄厩舎)は直行ということもあって、とにかく不気味な一頭といえる。

 特筆すべきは、重賞初制覇となった3月のフラワーC(G3)だろう。

 積極的なスタートからハナを奪って主導権を握ると、後続に影も踏ませぬ逃走劇。中山で行われたフラワーCとしては歴代最速となる1:47.4で逃げ切り、鞍上の丸山元気騎手に「ボクはただ乗っているだけ。これまで何度か重賞を勝たせてもらいましたが、一番楽でした」とまで言わしめた。

 続く、オークスでは3番人気に推されたものの、1枠1番の絶好枠から逃げたジョディーにハナを奪われ、藤沢和雄調教師が「ちぐはぐなレースになった」と振り返る厳しい展開。2番手から早めに先頭に躍り出たが、最後の直線で失速し9着に敗れている。

 管理する藤沢和雄調教師は「行く馬がいれば、2、3番手でもレースはできる」とコメントしているものの、ここまで6戦3勝ながら、1コーナー時点でハナを奪った場合は3戦全勝。それ以外は敗れているだけに、ジョディー不在の今回はハナに立って主導権を握りたいところだ。

 そんなコントラチェックにとって、C.ルメール騎手の復帰は頼もしいに違いない。

 2週前のスプリンターズS(G1)を藤沢厩舎の所属馬タワーオブロンドンで勝ったばかりのルメール騎手。これで今年JRAG1・4勝の好調ぶりだが、今年のルメール騎手のG1勝利には「2つのパターン」がある。

 1つは自身が1番人気だった時(皐月賞サートゥルナーリア、天皇賞・春フィエールマン)。そしてもう1つがリーディングを争う川田将雅騎手が1番人気だった場合(桜花賞グランアレグリア、スプリンターズSタワーオブロンドン)だ。

「リーディング争いでは川田騎手がリードしているものの、G1ではルメール騎手が4勝、川田騎手が0勝と前者の成績が断然。

それも川田騎手が1番人気だった3つのレースの内、2つはルメール騎手が勝っているんですよね。秋華賞も川田騎手のダノンファンタジーが1番人気になりそうですし、今回のルメール騎手には要注意です」(競馬記者)

 もっとも、ルメール騎手が川田騎手の1番人気を打ち砕いた2戦はグランアレグリア、タワーオブロンドンと共に2番人気の有力馬だった。今回のコントラチェックはこの2頭ほど有力視されていないものの『netkeiba.com』の事前予想では3番人気に挙げられるなど、不気味さを増している。

 週末には台風の影響で降雨が予想されているが、藤沢調教師は「前向きなので道悪は問題ない」と意に介していない様子。先週の凱旋門賞(G1)ではブービー、最下位の屈辱を味わったルメール騎手と川田騎手。今週は“真逆”の結果で見返したい。

JRA・C.ルメール秋華賞(G1)で「川田潰し」再び!? ダノンファンタジー1番人気「歓迎?」不気味さ増すコントラチェックのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!