NEW

JRA菊花賞で衝撃の事実を暴露!武豊もルメールも下を向く馬主の権力と大勝負

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
馬券を購入できる馬主はこんな払戻も獲得

 いよいよ開幕した令和の秋競馬だが、スプリンターズステークス、凱旋門賞、秋華賞とビッグレースが続き、今週は3歳クラシック最後のレース菊花賞が行われる。今年は神戸新聞杯を圧勝した皐月賞馬サートゥルナーリアが天皇賞(秋)へ向かい、また日本ダービー馬ロジャーバローズが怪我で引退、セントライト記念を勝ったリオンリオンも回避したことで傑出馬が不在。重賞勝ち馬はレッドジェニアルとニシノデイジーのみで波乱含み、まさに競馬ファン注目の一戦となった。

 配当妙味が高く大波乱も期待できそうなこの菊花賞は、競馬ファンにとっても馬券の負けを取り戻す最大のチャンス。是が非でも的中させたいと意気込んでいるはずだ。この秋はスプリンターズステークスがカチカチの人気通りの決着となり、また凱旋門賞は日本馬もエネイブルも敗退して波乱の結末。多くのファンが馬券で残念な思いをしただろう。特に100万馬券が飛び出した京都大賞典は、マスコミがずらっと印を並べた人気馬グローリーヴェイズやエタリオウがあっさり敗退。この人気を作り上げたのはマスコミの予想や情報だが、それらを参考にしても、的中は期待できないことがわかったといえる。

 ではこの秋最も難解といわれる菊花賞を的中させるには何が必要か。今回我々が注目したのは、競馬界で最も権力を持つ「馬主やその関係者」の情報だ。競馬において情報の重要さは誰もが認めるもの。もちろんデータも大事ではあるが、競走馬は人と会話ができないため、状態やコース適性、レースに向けた関係者の思惑や騎乗作戦などは、データではわからない。これらの要素は関係者の情報からでなければ判断できないからだ。

 加えてスポーツ紙の競馬記者達マスコミは、あくまでもサラリーマンであり、仕事として関係者に取材をしている。競馬関係者にとって彼らは結局他人であり、本音を語る必要はない。そもそも本気でレースを勝ちにいくのに、それを自信満々でアピールすることは、他の関係者からマークされることに繋がり、勝つチャンスを自ら失うようなもの。以上からも、競馬記者マスコミが把握する情報は競馬関係者にとって建前みたいなもので、本音であるとは言えない。そしてそのうわべだけの情報を鵜呑みにして馬券を購入している競馬ファンは、決して正しい買い方とは言えないだろう。

 だが馬主は違う。彼らは数千万円や数億円で購入した競走馬の所有者であり、預託料として月に1頭当たり70万円もの金額を厩舎に支払う大事な顧客なのである。そして様々な権限を持ち、その立場から厩舎関係者より多くの情報を入手できる立場にある。つまり競馬において馬主やその関係者が把握する情報は、最も信憑性があり、馬券に直結すると言っていい。そんな馬主やその関係者の情報は競馬新聞やスポーツ紙には掲載されていない。ではどこにあるのか、その答えは馬主情報の専門家「トップシークレット」にある。

 トップシークレットは馬主関係者のマネージャー等と提携し、全国から様々な馬主の勝負情報を入手している。そして、その勝負情報における究極の買い方が馬主やその関係者の1点勝負情報】だ。

 競馬には様々な馬券の買い方があるが、もっとも儲かる買い方は購入点数を1点に絞り、資金を集中させることだ。1万円の資金を10点に分散させれば1点1000円しか購入できないが、1点であれば1万円を購入できる。的中が10倍であった場合、100円なら払戻は1万円、1万円なら10万円と10倍。これが1点購入の大きな利点だ。もちろん初心者でもベテランでも、1点で馬券を買うことはできる。しかし当たるかどうかは別だ。仮に出走馬が18頭の場合、馬連の組み合わせは153通り。その1点は153分の1の計算なのだから、これは容易に的中できるものではない。

馬主が競馬界で持つ権力は絶大だ

 しかしトップシークレットが提供する【馬主やその関係者の1点勝負情報】は、これまで数多くの1点勝負を成功させている。この春行われたG1レースにおいても、18頭が出走した皐月賞で見事的中を達成。約100万円の払戻を手にしたファンもいたという。さらに春のグランプリ宝塚記念でも1点的中を達成、ここでもかなりの払戻を手にしたというから羨ましい。これの快挙を成し遂げた背景には、やはりトップシークレットだけが入手した「馬主やその関係者情報」の存在があった。

 彼らだけが入手できる馬主やその関係者の勝負情報がいかに優れているか、それは馬主の立場を考えれば一目瞭然だ。馬主はその立場から、本当の情報を競馬関係者から集められる。そして、馬主は調教師や騎手に対しても優位な立場にあり、さらにマスコミに対しても大きな影響力を持っている。それは時として予想の印を動かすほどのものだという。それもそのはず、多くの馬主は上場企業の社長や会長という立場にあり、さらには芸能界の大物や元プロ野球選手など、マスコミや競馬記者にとって大事なお客さんであり、格上の存在なのだ。そして馬主はJRAとも密接な関係にあり、大きな影響力を持つ人物も少なくない。

 そんな【馬主やその関係者の1点勝負情報】が、今週の菊花賞で行われるという話を聞いた。その詳細についてトップシークレットのスタッフに確認したところ、以下のように語っている。

「調教師や騎手らの競馬関係者は馬券の購入が禁止されていますが、競馬関係者の中で堂々と馬券を購入できるのが馬主です。基本的に馬主は大企業などの社長。無駄な馬券を嫌い、逆に『ここが勝負』と見極めた際には、数百万から数千万単位で馬券を購入します。

 それが『馬主の大口勝負』です。

もちろんその勝負を見極めるまでには、軸馬の選定から相手関係の入念な調査。さらには、過剰な人気にならぬよう各方面へ根回しするなど様々な過程を経ており、競馬情報と呼べるものの中で『最も有力で、破壊力も抜群の情報』と言って過言ではないでしょう。

 実際に『馬主の大口勝負』情報を事前に入手していた宝塚記念では、馬連970円の1点的中に加え3連単1万4560円を的中させました。また昨年の菊花賞でも3連単10万590円を的中させるなど、圧倒的な実績を残しています。

宝塚記念でも50万円近い払戻を獲得

 そして、この度『馬主やその関係者情報』の実力を多くの方に体感していただくため、『馬主の大口勝負』情報を入手した菊花賞の【馬連1点&3連単30点】を無料で公開いたします。

 情報漏洩防止の観点から、この場で詳細を明らかにできませんが、決して大々的には報じられない誰もが驚く衝撃の情報が存在します。昨年10万馬券を的中させた菊花賞に匹敵する穴馬情報があり、再び10万を超える万馬券を的中させることも、100万円を超える払戻を手にすることも夢ではありません。こんな機会はなかなかないでしょう。ぜひ逃すことなくご参加いただければと思います」

 現在トップクラスの成績を収めている多くの調教師、武豊や川田将雅、クリストフ・ルメール、ミルコ・デムーロといったトップジョッキーも、馬主には逆らえない。馬主の一声で、厩舎から馬がいなくなり、騎手は有力馬に騎乗できなくなるからだ。そんな馬主やその関係者の勝負情報を独占入手し、競馬ファンに提供するのがトップシークレット。この菊花賞はトップシークレットが提供する無料の情報で、秋競馬の軍資金を目指そうではないか。

CLICK→【菊花賞 馬連1点&3連単 無料公開!】トップシークレット

※本稿はPR記事です。

JRA菊花賞で衝撃の事実を暴露!武豊もルメールも下を向く馬主の権力と大勝負のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!