NEW

天皇賞・秋(G1)アーモンドアイ「態勢整いつつある」サートゥルナーリア「前走の疲れなし」リベンジ懸ける「アノ馬」に“激走”の気配【2週前追い切り、まとめ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

天皇賞・秋(G1)アーモンドアイ復権へ「態勢整いつつある」サートゥルナーリア「前走の疲れなし」リベンジ懸ける「アノ馬」に激走の気配【2週前追い切り、まとめ】の画像1

 27日に東京競馬場で行われる天皇賞・秋(G1)へ向け、有力各馬が2週前追い切りを行った。

 例年以上の「豪華メンバー」が集おうとしている今年の天皇賞・秋。それでも主役は昨年の年度代表馬か。春の安田記念(G1)で連勝が7でストップしたアーモンドアイ(牝4歳、美浦・国枝栄厩舎)が、巻き返しの秋へ、順調さをアピールした。

 美浦のウッドで行われた2週前追い切りでアーモンドアイは5ハロン67.1秒、ラスト12.9秒を計測。手応えは終始馬なりだったが、調教駆けする併せ馬プロディガルサンと併入し、順調な仕上がりを見せた。

 この動きに国枝栄調教師も「予定通り。十分でしょう」と手応え。「態勢は整いつつある」と女王復権へ視界良好だ。

 そんなアーモンドアイに「世代交代」を告げるかもしれない超大物がいる。神戸新聞杯(G2)を圧勝した皐月賞馬サートゥルナーリア(牡3歳、栗東・角居勝彦厩舎)だ。

 ディープインパクトら数々の名馬が駆け抜けた神戸新聞杯だが、今年の“衝撃”は史上最高という呼び声も高い。2番手から抜け出したサートゥルナーリアが馬なりのまま後続を圧倒。春のクラシックでライバルだったヴェロックスに3馬身差をつけ、世代No.1を確固たるものにしている。

 栗東の坂路で行われた2週前追い切りでは、4ハロン54.9秒、ラスト12.7秒をマーク。この日は、かなり重い馬場だったが、陣営は「上がった後もけろっとしている」と意に介していない様子。衝撃的な前走に関しても「放牧で疲れは取れました」と反動はないようだ。今回は古馬と初対決になるが、あの走りができれば、世代交代が現実味を帯びてくる。

 もう一頭「底知れない存在」として、忘れてはならないのがダノンプレミアム(牡4歳、栗東・中内田充正厩舎)だ。

 栗東のCウッドで行われた2週前追い切りで、ダノンプレミアムは6ハロン83.4秒、ラスト12.1秒。前走の安田記念はスタート直後の不利もあり、よもやの最下位。

 ゴール後には川田将雅騎手が下馬するシーンも見られたが、この日は「折り合い、反応も特に問題なく調教できた」と大きなダメージはなかったようだ。春にはアーモンドアイと人気を分け合った同馬。今回こそ、決着をつけるか。

天皇賞・秋(G1)アーモンドアイ「態勢整いつつある」サートゥルナーリア「前走の疲れなし」リベンジ懸ける「アノ馬」に“激走”の気配【2週前追い切り、まとめ】のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!