NEW

L.デットーリ騎手「号泣」エネイブル凱旋門賞(G1)敗戦に……引退濃厚も「来年トライしたい」世界女王の現役続行を熱望

L.デットーリ騎手「号泣」エネイブル凱旋門賞(G1)敗戦に……引退濃厚も「来年トライしたい」世界女王の現役続行を熱望の画像1
Wikipedia(Paul Friel from Guildford, UK – Flickrより)

 12日、今秋の凱旋門賞(G1)で2着に敗れ、3連覇を逃したエネイブルの主戦L.デットーリ騎手が英国のテレビ番組に登場し、今の心境を語った。英レーシングポストが報じている。

 この秋、前人未到の凱旋門賞3連覇に挑んだエネイブル。最後の直線では一度先頭に立ったが、最後にヴァルドガイストの強襲を受けて2着。2017年から続いていた連勝が12で止まり、レース後には引退濃厚報道も飛び交った。

 番組内でデットーリ騎手は、レース当日を振り返り「驚いた。検量室を出るとすぐに人々が叫び、暴れていた。サッカーのスタジアムのようで、競馬場の雰囲気ではなかった」と、レース前から異様な雰囲気であったことを告白。

 レースでは「観衆は『エネイブル』とは叫ばず、私の名前を叫んでいた。私はそういう応援を予想していなかった」と話し、最後の直線で先頭に立った際には「思った通りだった。素晴らしい位置だったし、馬場の良いところを走って、息を入れることもできた」と、ほぼ勝利を確信していたという。

 しかし、ゴール前でヴァルドガイストが強襲した際は「残り100ヤードでアンドレ・ファーブルの馬(ヴァルドガイスト)が来るまでは、すべてが上手くいっていた」と悔しそうに振り返っている。

「客観的にもエネイブルはスムーズに走れていましたし、ほとんど完璧なレース運びだったと思います。最後の直線で(エネイブルを管理する)ゴスデン調教師がライバル視していたソットサスやジャパンら3歳勢を突き放した際は3連覇するのでは、と思いました。

ただ、そこからのヴァルドガイストの伸びは驚愕でしたね。エネイブルがやや止まったこともありますが、1頭だけ素晴らしい伸び脚でした」(競馬記者)

 レース後、当時デットーリ騎手は「状態も良かったし、良く走ってくれたけど、あまりにも馬場が悪過ぎたのが響いた」と重馬場を敗因に挙げていたが、番組内でも改めて「もし馬場が良ければ、(ヴァルドガイストより)先にゴールできていたと思います」とコメント。快進撃を続けた世界女王は、最後の最後で天に見放された。

 さらにデットーリ騎手は「私は日曜(凱旋門賞当日)の夜、涙を流しました」とレースを終えた夜に泣いたことを告白。長年、世界のトップジョッキーとしてあらゆるビッグタイトルを手にしてきたデットーリ騎手だが、やはりエネイブルの敗戦はショックだったようだ。

 また、エネイブルの今後に対しては、すでに5歳ということもあって引退が濃厚とされている。しかし、約2 年間、思いを共にした主戦騎手は「(オーナーの)アブドゥラ殿下が、彼女をこのまま現役で走らせるように願っている。私たちは来年も(凱旋門賞へ)トライしたい」と現役続行を熱望。

 果たして、デットーリ騎手の思いは届くのだろうか。世界女王の動向が注目されている。

L.デットーリ騎手「号泣」エネイブル凱旋門賞(G1)敗戦に……引退濃厚も「来年トライしたい」世界女王の現役続行を熱望のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  5. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  10. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由