NEW

JRA秋華賞(G1)福永祐一「暴走」に大魔神も呆れ……「1000m通過時点で『ダメだな』」思い出される2年前の「主戦降板」暴走事件

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRA秋華賞(G1)福永祐一「暴走」に大魔神も呆れ顔……「1000m通過時点で『ダメだな』」思い出される2年前の「主戦降板」暴走事件の画像1

 13日、京都競馬場で行われた秋華賞(G1)は、4番人気のクロノジェネシス(牝3歳、栗東・斉藤崇史厩舎)が優勝。春のクラシックで連続3着と涙を飲んだ“世代No.3”が、ついに頂点に駆け上がった。

「ずっとコンビを組ませていただいて、春はなかなか結果が出せなかったので『ここで絶対に勝つんだ』という気持ちで乗ってました」

 レース後、勝利騎手インタビューでそう語った北村友一騎手は、これで春の大阪杯に続くG1・2勝目。クロノジェネシスを管理する斉藤崇史調教師にとっては、嬉しいG1初制覇となった。

 桜花賞馬グランアレグリア、オークス馬ラヴズオンリーユー不在の中で行われた今年の秋華賞。だが、勝ったクロノジェネシスが春2冠を共に3着、2着カレンブーケドールがオークス2着、3着のシゲルピンクダイヤが桜花賞2着と、春の実績馬が順当に結果を残した。

 その一方、違った意味で注目を集めたのが、福永祐一騎手のビーチサンバだ。

 まずまずのスタートから福永騎手が促して、ハナをうかがったビーチサンバ。逃げ予想されていたコントラチェックが外からハナを主張するも、譲らずに1コーナーへ飛び込んだ。

「前半の1000mは58秒3! 速い流れでレースが進んでいます」

 そう実況された通り、ビーチサンバとコントラチェックがハナを争ったことで、レースはG1らしい“激流”に……。結局、レースは好位集団を見るような位置で進めたクロノジェネシス、カレンブーケドール、そして後方で直線に懸けたシゲルピンクダイヤの順で決着。

 逃げられなかったコントラチェックや、3番手を進んだダノンファンタジーといった人気どころは、前に行って馬群に沈んだ。

「前日の雨が残っていることもあり、この日は比較的前残りの馬場傾向。福永騎手もその辺りを考慮して積極的に行ったんでしょうが、少しペース速過ぎましたね。馬は5着に粘っているだけに、惜しいレースでした」(競馬記者)

JRA秋華賞(G1)福永祐一「暴走」に大魔神も呆れ……「1000m通過時点で『ダメだな』」思い出される2年前の「主戦降板」暴走事件のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!