NEW

JRA菊花賞(G1)「ルメールドタバタ」ヒシゲッコウは過信禁物? 今年の「上がり馬」悲惨すぎる現状

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRA菊花賞(G1)「ルメールドタバタ」ヒシゲッコウは過信禁物? 今年の「上がり馬」悲惨すぎる現状の画像1

 

 20日に開催される菊花賞(G1)。今年は皐月賞馬にして前走神戸新聞杯(G2)を圧勝したサートゥルナーリア、毎日王冠で古馬を完封したダノンキングリーが不在ということで、大混戦の様相を呈している。

 ヴェロックス、ワールドプレミアあたりに注目が集まりそうだが、不気味な1頭といえるのが上がり馬ヒシゲッコウ(牡3 美浦・堀宣行厩舎)だ。ここまで4戦3勝、前走古馬混合の阿寒湖特別(2勝クラス)を勝利して大舞台に臨む。

 父は産駒のバリエーションが豊かなルーラーシップ。母ラルケットは昨年のマイルCS覇者ステルヴィオを産んでおり、ヒシゲッコウはその半弟である。

 ロードカナロア産であるステルヴィオはマイル~中距離で結果を残したが、こちらはデビューから4戦すべて2000m以上で、阿寒湖特別は2600mだった。すべてレースで上がり最速を記録しているスピード能力は、さすがはステルヴィオの弟といったところか。

 安定した成績、堅実な末脚から今回「穴人気」しそうな1頭といえるヒシゲッコウ。この馬、鞍上の「ドタバタ」からもそれなりの評価を得ていることがわかる。

「ヒシゲッコウは、もともとC.ルメール騎手が『サートゥルナーリアが菊花賞を回避した場合に騎乗する馬』という扱いでした。ただ、サートゥルナーリア陣営が『神戸新聞杯次第』となかなか結論を出さず、ヒシゲッコウ陣営は待たされる状況に。結果的に堀調教師がルメールを断念し、C.スミヨン騎手が鞍上に決まったのです。

 結果、サートゥルナーリアが菊花賞回避を発表したことでルメール騎手は『乗り馬なし』となりましたが、ニシノデイジー騎乗のオファーを受け、丸く収まりましたね。

 現在の競馬界を象徴する『ルメール・ファースト』が引き起こした出来事でしたが、その選択肢の中に入るほどには、ヒシゲッコウのポテンシャルは評価されているということです。京都は初めてですし、スタート直後のコーナーへの対応など不安要素はありますが、末脚が炸裂すれば上位進出もあるでしょう」(競馬紙記者)

 京都は不慣れかもしれないが、今やフランス競馬を代表する騎手となったスミヨン騎手は鬼に金棒といえる。激走を期待したいところだが……。

 ここ最近の「流れ」や「過去」から、不安な声も聞こえてくるのが実情だ。

JRA菊花賞(G1)「ルメールドタバタ」ヒシゲッコウは過信禁物? 今年の「上がり馬」悲惨すぎる現状のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!