NEW

JRA川田将雅「助演男優賞」の絶望感……秋華賞で今年「G1・6度目」の不利。3戦連続「1番人気」敗戦

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
前哨戦では「主役」の川田騎手だが……

 もはや、G1の“風物詩”となってしまうのか……。

 13日、京都競馬場で秋華賞(G1)が行われ、4番人気のクロノジェネシスが快勝。2着カレンブーケドールとの競り合いを制して、牝馬クラシックの最終戦を飾った。

 その一方、またも大舞台で人気を裏切る格好になってしまったのが、1番人気のダノンファンタジーに騎乗していた川田将雅騎手だ。

 この日も2勝を上げ、リーディングトップをひた走っている川田騎手。今週も前日から12鞍に騎乗し、11鞍が1番人気、残った1鞍も2番人気と、ファンや関係者からの信頼も群を抜いて厚い。このまま行けば自身初のリーディングも十二分に現実的だ。

 しかし、ことG1では、これで春の宝塚記念、秋のスプリンターズS、そして秋華賞と3戦連続1番人気での敗戦……毎回有力馬に騎乗しながら、あと一歩を埋めることができないでいる。

「通算G1・12勝、今年もすでに重賞13勝と、決して勝負弱い騎手ではないんですが……。ただ、今年はG1になると、どうも運から見放されている印象です」(競馬記者)

 実際に川田騎手は、春のG1だけで高松宮記念(アレスバローズ)、皐月賞(ヴェロックス)、NHKマイルC(ダノンチェイサー)、オークス(ダノンファンタジー)、安田記念(ダノンプレミアム)と、実に5度の不利。しかも、これらはすべてJRAからしっかりと発表があり、加害騎手に罰則が下っている、いわばれっきとした不利である。

 そして今回の秋華賞の最後の直線で、またも不利を受けた川田騎手……。勝ったクロノジェネシスが斜行したことで、鞍上の北村友一騎手には戒告が下っている。

「今回は川田騎手が重馬場を指摘していたように、不利が直接的な敗因ではないと思います。ただ、それにしても今年12回目のG1で6回の不利ですか。マークが厳しくなる有力馬に乗る機会の多い川田騎手ですが、ちょっと多すぎですね」(同)

 秋華賞では、最後の直線で勝ったクロノジェネシスとカレンブーケドールが馬体を接触させる激しい競り合いがあった。

 直線入り口でクロノジェネシスが内側へ切れ込んだことで、進路が閉じかけたカレンブーケドールが激しく抵抗。強引に進路をこじ開けた結果、鞍上の津村明秀騎手にも過怠金3万円の処分が下っているが、そのすぐ近くにいたダノンファンタジーと川田騎手は、それらに巻き込まれた形だ。

 天候に見放され、1番人気で敗れただけでなく、レースの主役となった2頭の激しい争いに巻き込まれる“脇役”まで演じることとなった川田騎手……リーディングジョッキーにとって、辛い辛いG1が続いている。

JRA川田将雅「助演男優賞」の絶望感……秋華賞で今年「G1・6度目」の不利。3戦連続「1番人気」敗戦のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!