NEW

パチスロ新台「超破格ボーナス」2段階設定! リールフラッシュで「設定6」を見抜け!!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パチスロ新台「超破格ボーナス」2段階設定! リールフラッシュで「設定6」を見抜け!!の画像1

 設定1のボーナス合算出現率は39.7分の1の2段階設定。設定6の機械割は110.3%と高い上に、設定1でもフル攻略ならば100%を超えるというぶっ飛んだスペックで世間を賑わせている大都技研のパチスロ『ピラミッドアイ』の導入が目前に迫った。初打ちに備えて、重要ポイントを頭に叩き込んでおこう。

 まず、本機はビッグとREG、2種類のボーナスを搭載。どちらのボーナスも入賞後は例外なく準備状態→リール枠・白フラッシュ発生でボーナスがスタートする仕組みで、スタート時を含む消化中の白フラッシュ発生時はいずれかのリールにBAR絵柄を狙う必要がある。

 これに成功した場合は「GOOD」の文字が表示され、赤色のそれが出現するほど設定6に期待できるようだ。

 リール枠・紫フラッシュ発生はスイカ成立の合図。押し順ナビ発生時は、それに従うだけで15枚役を獲得できる。

 ボーナス終了後はPUSHボタンを押すとリールフラッシュで設定が示唆され、「砂塵」や「竜巻」の頻出は設定6に期待。「砂塵→逆竜巻」や「ピラミッドフラッシュ」が確認できた場合は、その時点で設定6が約束される。

 各種小役はピラミッド揃いの「リーチ目役F」出現率に要注目で、その数値は設定1が8192分の1なのに対して設定6は1638.4分の1。かなりの開きが生じていることから、複数回出現した場合は設定6を確信して良さそうだ。

 通常時は左リール中段or下段に12番(BAR絵柄の2コマ下)のチェリーを狙い、上段までスイカかピラミッド絵柄を引き込んだ際は残りリールにも右→中の順にピラミッド絵柄を目押し。リールにひとつでもピラミッド絵柄が停止すればボーナス、2つ以上停止すればビッグ確定だ。

 また、本機はスイカハサミテンパイからの中リールピラミッド絵柄停止の「リーチ目役A」や「ベル+ボーナス」出現率にも設定差があるが、これらを完璧に見極めるのは困難。参考程度に捉えておこう。

 なお、本機はボーナス成立後にリール制御が変化する特徴があり、ボーナス告知発生からフラグ表示までの間はバラケ目1枚役(押し位置で取りこぼしが発生)の取りこぼし時にボーナスを揃えられることがある。

 よって、確定画面中の「?」表示時はREG→どちらかのビッグの順に狙う方がお得。それでも平均して4Gほどは要するので、空き台から設定6を探す際は、その特徴を加味して合算出現率を算出すべきであろう(例:ボーナス回数20回ならば20×4GをトータルG数に加算)。

パチスロ新台「超破格ボーナス」2段階設定! リールフラッシュで「設定6」を見抜け!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!