NEW

パチスロ約4000枚獲得の「酔いしれる閃き」……【濱マモルの のほほんコラムVol.16~アドリブ~】

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パチスロ約4000枚獲得の「酔いしれる閃き」……【濱マモルの のほほんコラムVol.16~アドリブ~】の画像1

 アドリブ。本来は「自由」を意味する音楽用語であり、即興演奏などがそれに該当するが、ガイドワークス発行の月刊漫画誌「別冊パチスロパニック7」で「アドリブ王子」が連載されたことで、パチスロ好きの間でもアドリブという言葉が一気に浸透した。

 おそらく、ニュアンスとしては窮地からの挽回、或いはトリッキーな選択。このアドリブ力を発揮させてこそ未来が開かれるわけであり、先日、アタシも朝イチに見せたアドリブで勝利を掴み取ることができた。自画自賛の話になるが、書き綴るとする。

 その日は、近所にあるホールの特定日だった。いつもならば400人以上は並ぶところが、その日は何故か250人に満たないほど。

 ライバルが少ないのは喜ばしきことであるが、抽選はしっかりとクソ番号を引いてしまい、各『ハナハナ』の狙い台は既に押さえられていた。

 4番候補の台にひとまず確保札を置くも、その台は本命の隣。そんな状況だけにアタシはイマイチ踏ん切りがつかなかったわけだが、ここでひとつの策が思い浮かんだ。

 前日に導入された『ニューキングハナハナ』を攻めてみようという考えだ。

 前日導入ということは当然、データの蓄積がない。加えて前日はどの台も微妙な塩梅であり、狙いを絞り込むのは困難。素直に最も凹んでいた台に座るべきか、それとも唯一のプラス台を選ぶべきか。

 脳みそをグルグルと回転させて導き出した答えは「前日、最もREG出現率が良かった台」。合算出現率は良くないが、REG出現率は設定5の近似値であり、要するに「高設定据え置き」の可能性を加味した台選びというわけだ。

 アドリブを利かせて4番候補の台から、件の台へ移動。シマで最後までチカらず、尚且つ4番候補の台が猛烈なスタートダッシュをかました際は一瞬不安になったが、一発目のREGで高設定を知らせる両サイドフラッシュがいきなり発生すると、松坂大輔投手よろしく自信が確信に変わった。

パチスロ約4000枚獲得の「酔いしれる閃き」……【濱マモルの のほほんコラムVol.16~アドリブ~】の画像2


 珍しく閉店まで回して、4000枚超を獲得。肝心の設定は6だったように思える。一方、4番候補の台はスタートダッシュで得たコインが瞬時に飲まれる完全なる低設定挙動。

 我がアドリブ力に酔いしれたアタシは、言うまでもなく祝杯にも酔いしれたのでありました。

〇〇〇

ニューキングハナハナ

7693G

投資・350枚
獲得・4224枚

BB35回・1/219.8
RB26回・1/295.9
合算・1/126.1

通常時ベル・1/7.22
BB中スイカ・1/36.5

BB後パネフラ4回・1/8.75

RB中サイドランプ・左13回、右10回、両3回

パチスロ約4000枚獲得の「酔いしれる閃き」……【濱マモルの のほほんコラムVol.16~アドリブ~】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!