NEW

JRA富士S(G3)「マイル5戦5勝」アドマイヤマーズ それでも勝利を確信できないいくつかの不安要素あり!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRA富士S(G3)「マイル5戦5勝」アドマイヤマーズ それでも勝利を確信できないいくつかの不安要素あり!の画像1

 

 10月19日(土)にマイルCS(G1)の前哨戦となる富士S(G3)が東京競馬場で開催される。

 G1馬2頭を含むマイル巧者がそろったメンバーだが、中でも人気が予想されるのがアドマイヤマーズ(牡3、栗東・友道康夫厩舎)だ。

 昨年朝日杯FS(G1)を勝って2歳王者に君臨したのち、春は共同通信杯(G3)から始動。1番人気に推されるもダノンキングリーに0.2秒及ばず2着。ここをステップにして臨んだ皐月賞(G1)では終始好位追走するも4着に終わる。この後、日本ダービー(G1)へは向かわず、3歳マイル王決定戦のNHKマイルC(G1)へ駒を進め、見事勝利してのける。

 そこから約5か月の休養を経て、このレースを秋の始動戦に選んだわけだ。

 現在、マイルでは5戦5勝のパーフェクト。東京コースもNHKマイルCで勝利しているだけに、文句なく有利な条件が重なっている。

 だが、不安点がないでもない。まず、天候のことがある。本馬はキャリア7戦のすべてを良馬場で走っているが、今週末は天気が崩れる予報になっている。馬場も稍重が予想されており、初体験の渋った馬場がどう出るか未知数だ。

 能力で押し切ってしまう可能性は十分に考えられるが、一方で足元をすくわれる原因にもなりかねない。

 主戦のM.デムーロ騎手は、今年稍重の馬場で49戦5勝、勝率10.2%。重馬場になると20戦6勝で勝率3割とまずまずの成績を残している。ただ、東京のマイルコースでは15戦してわずか1勝、勝率6%で連対率13.3%、複勝率26.7%と心もとないデータがある。

 この1勝は本馬のNHKマイルCで挙げたものに他ならないが、G1の1勝のみで平場や特別などで勝てていないのが意外でもある。いずれにせよ、M.デムーロ騎手にとって東京のマイルコースは今年「ゲンの悪いコース」と言えよう。

 それだけに、重くなった馬場を体験したことがない本馬と、東京のマイルコースで良績を収めていないデムーロ騎手のコンビは、データ的に不安の残る組み合わせだ。

JRA富士S(G3)「マイル5戦5勝」アドマイヤマーズ それでも勝利を確信できないいくつかの不安要素あり!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!