NEW

JRA・C.ルメール「ダービー勝てる」ワーケア圧勝に超自信!?「2歳No.1候補」サリオスと告げるハーツクライ新時代の到来

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「まだ、良くなる」

 19日に東京競馬場で行われたアイビーS(OP)。3年前の勝ち馬ソウルスターリングが翌年のオークス(G1)、昨年のクロノジェネシスが今年の秋華賞(G1)を勝つなど、出世レースの地位を確立している2歳オープンで、今年も楽しみな馬が来年のクラシックに名乗りを上げた。

「とても乗りやすい馬。道中はいい感じで行けた」

 この日、6勝と大爆発だったC.ルメール騎手が手放しで評価したのは、単勝1.3倍の圧倒的1番人気に応えたワーケア(牡2歳、美浦・手塚貴久厩舎)だ。

 8頭立てで行われた芝1800mのレース。だが、キャリアの浅い2歳馬のレースとあって、折り合いを欠く馬が何頭かいたが、そんな中でワーケアとルメール騎手は折り合いピッタリ。

 スリリングドリームが飛ばして重馬場ながら1000m通過が61.2秒という、この時期の2歳OPにしては、やや速いペースとなったが、最後の直線では外からあっさり抜け出している。最後はノーステッキで3馬身差をつける楽勝だった。

「『最後の直線は3、4回手前を替えたけど、馬場が緩いこともあった』とルメール騎手が語っていた通り、スパートする直前に一瞬、前の馬に追突しかけるなど、まだ幼い部分はありますが、手前を替えてエンジンが掛かってからは圧巻の伸びでしたね。

実はワーケアは、今回のレース前、手塚(貴久)調教師が「(ルメール)ジョッキーが『すごく良かった。ダービーを勝てる馬』と言っていた」と自信を見せていたほどの逸材です。

ルメール騎手もそう簡単には手放さないでしょうし、このまま順調に行けば来年のクラシックの主役候補になりそうです」(競馬記者)

 これで2戦2勝となったワーケア。ハーツクライ産駒の大物といえば、先日のサウジアラビアRC(G3)で単勝1.5倍の人気に応えたサリオスもいる。キングカメハメハ、ディープインパクトといった大種牡馬が世を去ったこの年、早くも「第3の存在」ハーツクライが日本の競馬を牽引しようとしている。

「まだ体がしっかりしてない所もあるので、まだ良くなる。距離は延びても大丈夫」

 そうクラシックを見据えるルメール騎手。来年もやはりルメール中心の三冠戦線になりそうだ。

JRA・C.ルメール「ダービー勝てる」ワーケア圧勝に超自信!?「2歳No.1候補」サリオスと告げるハーツクライ新時代の到来のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!