NEW

JRA天皇賞・秋(G1)「弱点多め」アルアインG1競走3勝目はあるのか。「左回りでは……」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今春、大阪杯(G1)を制したアルアイン(牡5歳、栗東・池江泰寿厩舎)と北村友一騎手のコンビが今週末に開催される天皇賞・秋(G1)に、G1競走3勝目をかけて出走する。

 大阪杯では14頭立ての9番人気ながら勝利。道中は内目の好枠を活かして進み、最後の直線ではライバルが外に進路を取るのを尻目に、北村友騎手はインを選択した。さらにはあえてアルアインにムチを打たない『ノーステッキ戦法』で、気分良く走らせることにも成功。アルアインは激戦を制してG1競走2勝目を手に入れている。

 だが、次走の宝塚記念でもこのコンビは期待されたものの4着。3番手で最後の直線を迎えるも、ラストはやや脚色が鈍った。北村友騎手は、4コーナーの時点で前走よりも手応えがなかったし、距離が1ハロン長いのか、馬場の内が緩かったからか、そこは微妙です」と敗因を分析していた。

「大阪杯後、北村騎手は追い出したときの反応はいいものの『ただ坂を上った辺りからもともとフワッとするクセがあるので、少しソラを使いながら脚色が鈍ってしまった』と明かしています。そこで通常ならばムチを入れて叱咤するのですが、『そこでも気持ちだけは害さないように、ステッキをあえて入れないように』したといいます。ムチを打たれるとさらにへそを曲げてしまうことを理解していたのでしょう。

 アルアインはクイーンエリザベス2世C(G1)に挑戦した際に、芝コースでの最終追いでは鞍上を振り落とし、あわや放馬寸前になるなど気性難が指摘されていました。ですがそれはすでに克服したと見ていいはずです。宝塚記念でも敗因は気性面ではなく、北村騎手が語ったように距離延長もあったのでしょう。前走同様の進路を取り、いいポジションで運ばれ、ノーステッキで必至に追われましたが、脚が残っていませんでした。また最終週ということもあり、内が荒れていたのも敗けた理由のひとつだったと思います」(競馬誌ライター)

 気性難を乗り越え、真価を発揮しつつあるアルアイン。だが、そのアルアインにはもうひとつ解消しなければならない問題があるという。

「天皇賞・秋は左回りの東京競馬場で開催されます。アルアインは右回りでは[5-3-2-4]という成績を収めていますが、これが左になると3戦して、一昨年の日本ダービー5着、昨年の天皇賞(秋)4着、金鯱賞(G2)5着と[0-0-0-3]。掲示板はキープしているものの、馬券圏内にすら入ったこともないんですよ。ただノーステッキ戦法を左回りで試すのは今回が初のハズ。回り方など気にしないくらい気分良く走ってくれれば、いいのですが……」(競馬誌ライター)

 アルアインの結果やいかに!?

JRA天皇賞・秋(G1)「弱点多め」アルアインG1競走3勝目はあるのか。「左回りでは……」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!