NEW

JRA天皇賞・秋(G1)アーモンドアイ「VSサートゥルナーリア」に自信満々!? C.ルメール「能力は僕が一番知っています」女王に大きなアドバンテージ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「アーモンドアイの能力は僕が一番知っています」――。

 世紀の一戦に「女王」に騎乗する主戦騎手は、絶対的な自信を見せた。

 27日に東京競馬場で行われる天皇賞・秋(G1)は、G1馬10頭が集う「超ハイレベル」と話題を呼んでいる。中でも、昨年の年度代表馬アーモンドアイと、3歳No.1サートゥルナーリアとの初対決には、日本中の競馬ファンから熱い視線が注がれているようだ。

 昨年は牝馬三冠に加え、ジャパンC(G1)で古馬を撃破し、年度代表馬に選出されたアーモンドアイ。今年も初の海外遠征となったドバイターフ(G1)を完勝。前走の安田記念(G1)ではスタート直後に致命的な不利を受けながらも、異次元の末脚で追い上げて3着。連勝は7でストップしたが「負けてなお強し」という強烈な印象を残している。

 一方、サートゥルナーリアもデビューから4連勝でホープフルS(G1)、皐月賞(G1)制覇と、すでに歴史的名馬への階段を上っている大器。日本ダービー(G1)で初の敗戦を喫したが、前走の神戸新聞杯(G2)の勝ちっぷりはディープインパクトやオルフェーヴルといった、過去の三冠馬と比較しても「それ以上」といわれるほどのインパクトだった。

 そして、そんな超大物2頭の主戦を務めてきたのがC.ルメール騎手だ。

 今回の天皇賞・秋で初めて激突するアーモンドアイとサートゥルナーリア。主戦騎手が騎乗することになったのは、前者だった。最強女王の復権へ、陣営にとっても負けられない戦いとなる。

 そんな気持ちの一端が見えたのが1週前追い切りだった。美浦のウッドで行われた3頭併せ馬。アーモンドアイはレッドローゼス、コズミックフォースといった同厩のオープン馬をあっさりとちぎり捨てた。ラスト1ハロンは12.2秒と、さすがの破壊力だ。

 この動きには国枝栄調教師も「リラックスして、いい雰囲気」と自信を深めている。ルメール騎手も「すごくいい追い切り」と納得。

 今回は、前走まで自身が手綱を執ったサートゥルナーリアとの初対決となるが、「アーモンドアイの能力は僕が一番知っています。心配はしていません」と、堂々と受けて立つ構えだ。

JRA天皇賞・秋(G1)アーモンドアイ「VSサートゥルナーリア」に自信満々!? C.ルメール「能力は僕が一番知っています」女王に大きなアドバンテージのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!