NEW

武豊「第二のキタサンブラックへ」ワールドプレミア有馬記念参戦へ! スターダムへの条件は

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

武豊「第二のキタサンブラックへ」ワールドプレミア有馬記念参戦へ! スターダムへの条件はの画像1

 

 新たなスター誕生に、大きな期待がかかりそうだ。

 先日の菊花賞(G1)をインからの見事な抜け出しで勝利したワールドプレミア(牡3 栗東・友道康夫厩舎)。同レース5勝目の「菊男」武豊騎手の手綱さばきもお見事だったが、やはり春のクラシックをスルーしてでもここに懸けてきた陣営の努力こそ称賛されるべきだろう。

 今後はノーザンファームしがらきに放牧に出されるというワールドプレミアだが、友道調教師は「順調ならば有馬記念を目指すことになりました」と報告した。

「競馬の総決算に向け、大きな楽しみができましたね。近年の菊花賞馬はフィエールマン、キセキ、サトノダイヤモンド、キタサンブラックと、その後もG1戦線で勝利ないし活躍する傾向にあります。ワールドプレミアにも同様の期待がかかるでしょう。実力面でまだ疑問の声もありますが、春から急激に成長したという話もあり、まだまだ途上といえるのではないでしょうか。

 武豊騎手が『期待の3歳馬』で有馬記念参戦というのも本当に久しぶり。無事参戦が実現すれば、さまざまな角度から楽しめるグランプリとなりそうです」(競馬ライター)

 アーモンドアイやサートゥルナーリアなど、現在「現役最強」とされる馬たちは、ローテーション的に現状有馬記念参戦が微妙なラインの存在が多い。それだけに、ワールドプレミアとしても「チャンスが広がる」可能性は十分にありそうだ。

 また、この有馬記念で「一定の結果」を出せれば「新たなスターダム」への期待も膨らむ。

武豊「第二のキタサンブラックへ」ワールドプレミア有馬記念参戦へ! スターダムへの条件はの画像2

 

「3歳時のキタサンブラックは、横山典弘騎乗で有馬記念3着でした。その後武豊騎手の騎乗で数々のG1を制覇。オーナーの知名度も相まって社会現象になりましたね。

 ワールドプレミアはオーナーが北島三郎さんではありませんが(笑)、今後武豊騎手とともに活躍を続ければ、同様の注目を集めるかも……まずは有馬記念での好走を期待したいです」(同)

 競馬はやっぱり武豊。稀代のスターディープインパクトが亡くなった今年、その息子が新たなアイドルホースになる?

武豊「第二のキタサンブラックへ」ワールドプレミア有馬記念参戦へ! スターダムへの条件はのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!