NEW

JRA天皇賞・秋(G1)「展開のカギ?」スティッフェリオ陣営は慎重……悪いジンクスも?

【この記事のキーワード】, ,

JRA天皇賞・秋(G1)「展開のカギ?」スティッフェリオ陣営は慎重……悪いジンクスも?の画像1

 豪華すぎるメンバーが集結し、今年最大の注目を集めている天皇賞・秋(G1)。アーモンドアイを始めとするG1馬たちが有力視されているが、この1戦で穴人気となりそうな馬といえば、スティッフェリオ(牡5歳、栗東・音無秀孝厩舎)だろう。

 丸山元気騎手を背に、昨年暮れの福島記念(G3)、今年の始動戦となった小倉大賞典(G3)で連勝を飾ったスティッフェリオ。大阪杯、宝塚記念はG1の壁に跳ね返される形で、ともに7着に終わったものの、成長を感じさせる走りを見せた。

 そして夏を超えて迎えたオールカマー(G2)。4番人気に支持されたスティッフェリオと丸山騎手のコンビは迷わず、逃げることを選択。ハナを奪うと緩やかな走りで、1000m61秒8とスローペースを作り上げることに成功した。余力十分で最後の直線を迎えると後続を突き放して勝利。レイデオロ、ウインブライトらを相手に大金星をあげた。

JRA天皇賞・秋(G1)「展開のカギ?」スティッフェリオ陣営は慎重……悪いジンクスも?の画像2

「前走は競りかけてくる馬もいなかったこともあり、ゆうゆうとペースを構築することに成功しました。ただ、今回は逃げ馬アエロリット、さらにサートゥルナーリアやアルアインなど前で競馬ができるタイプが多いです。前走のような展開に持ち込むはちょっと難しいかもしれませんね。

 スティッフェリオの最終追い切りは、坂路でアメリカズカップと併せ馬を行い、4F53秒4、ラスト12秒8をマーク。一杯に追われ、僚馬に半馬身先着しています。前走から状態はキープしているようですが、管理している音無調教師は、『前走は作戦勝ち。相手が強くなるので、どこまでやれるか』と慎重な姿勢を崩しませんでした」(競馬記者)

 また過去の天皇賞・秋を振り返っても、スティッフェリオには不利なデータが並ぶという。

「スティッフェリオはオールカマーを勝って参戦となりましたが、このローテーションで勝利したのは過去10年で昨年の勝ち馬レイデオロのみ。同馬以外は馬券圏内に入った馬もいません。

 またスティッフェリオは東京競馬場のキャリアが少なく、これまでオクトーバーS(OP)の1戦のみ。その時は1番人気に支持されたものの、4着に終わっています。これまで福島競馬場や小倉競馬場など小回りの競馬場で結果を残していますし、広い東京競馬場はあまり得意ではないのかもしれません」(競馬誌ライター)

 スティッフェリオは大舞台で、ジャイアントキリングを起こすことができるだろうか?

JRA天皇賞・秋(G1)「展開のカギ?」スティッフェリオ陣営は慎重……悪いジンクスも?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  3. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  6. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声
  7. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  8. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  9. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  10. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?