NEW

JRAリアアメリア「モノが違う」敵関係者お手上げ。アーモンドアイに匹敵する名牝へ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRAリアアメリア「モノが違う」敵関係者お手上げ。アーモンドアイに匹敵する名牝への画像1

 

 26日(土)に東京競馬場にて2歳牝馬限定重賞のアルテミスS(G3)が開催される。

 過去にラッキーライラック(阪神JF)、リスグラシュー(エリザベス女王杯、宝塚記念)、メジャーエンブレム(NHKマイルC)、レッツゴードンキ(桜花賞)など、このレースをステップにして、のちにG1を制している馬が多く、出世レースと言える重要な一戦だ。

 今年は10頭が登録をしており、良血馬や2戦2勝の馬などメンバーはそろっているが、その中にあって断然の注目を集めているのがリアアメリア(牝2、栗東・中内田充正厩舎)だ。

 父はディープインパクト、母はBCジュベナイルF(米G1)勝ちのリアアントニアという良血馬。だが、血統だけで注目を集めているわけではない。

 本馬は6月の阪神開催でデビューし、勝ち上がってきた。この新馬戦の内容があまりにも衝撃的で、強さを存分に見せつけたレースだった。

 その新馬戦。6頭立てと小頭数のレースで、本馬は3枠3番。ゲートには普通に入ったものの、スタートで出遅れる。

 鞍上の川田将雅騎手は出遅れを敢えて取り戻そうとせず、終始5番手の位置でレースを進める。途中、かかる素振りを見せるなど、レース自体は淡々としたものだったが、本馬は決して安定したレースぶりではなかった。

 そのまま直線に入ると、ここで一気にエンジンがかかる。前にいる馬を次々と抜き去り早々に先頭に立つと、そのままあとは引き離すだけのワンサイドゲームとなった。結局、直線でステッキが入ることもなく、鞍上はまさに乗っているだけで8馬身という大差をつけた。

 タイムはごく平凡であったが、持ったままで大差をつける圧倒的な強さを見せつけただけに、競馬場は違えど同じマイルで行われるアルテミスSで期待と注目を集めるのは当然だと言える。

 同じシルクレーシングの所有馬で牝馬、その強さから、昨年の三冠牝馬アーモンドアイを思い浮かべる人も少なくないだろう。本馬も順当に勝ち上がっていけば、アーモンドアイに匹敵する名牝になる可能性は大いにある。

 関係者の情報によると「テンションなどを考慮して馬なり主体ですが、馬体は随分と成長していい感じですね。新馬戦が強かったですし、重賞のここでもでも楽しみ」とスタッフも語っていたとか。トレセンではモノが違うとの評価でお手上げという騎手や調教師が多数。「勝ち方に注目」といったところか。

JRAリアアメリア「モノが違う」敵関係者お手上げ。アーモンドアイに匹敵する名牝へのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!