NEW

JRA天皇賞・秋(G1)アーモンドアイから「超確信の三単4点」勝負! サートゥルナーリアに「黄信号」情報!?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今週「現場情報至上主義・ジェームスT」が挑むのは、27日(日)に開催される天皇賞・秋(G1)だ。

 今年最高の超豪華メンバーが集結。非常に見応えのあるレースを、関係者より仕入れた「有力ネタ」で完全攻略したいと思う。

 本命「◎」に選んだのは「史上最強牝馬」の呼び声高いアーモンドアイ(牝4、美浦・国枝栄厩舎)だ。

JRA天皇賞・秋(G1)アーモンドアイから「超確信の三単4点」勝負! サートゥルナーリアに「黄信号」情報!?の画像1

 昨年は牝馬三冠に加えジャパンC(G1)を世界レコードで制覇し、年度代表馬に選出された本馬。今年初戦のドバイターフ(G1)も世界の強豪を蹴散らして快勝と、地力の高さを見せつけた。

 前走の安田記念(G1)でG1連勝は5でストップしたが、スタートで不利を受けるも強烈な末脚で追い上げて3着。「負けてなお強し」という内容だった。陣営も「素晴らしい脚を使ってくれた。やはり能力は高い」と、素質の高さを再認識したようだ。

 気になる仕上がりに関しても「ココを目標に逆算して調整」「精神面が完成された感じ」と自信満々。「東京芝2000mなら前走のようなアクシデントも対応可能」「好結果が期待できる」と、陣営から不安と言う文字が微塵も感じられない今回は逆らえない。

「〇」に選んだのは昨年の大阪杯(G1)を圧勝したスワーヴリチャード(牡5、 栗東・庄野靖志厩舎)だ。

JRA天皇賞・秋(G1)アーモンドアイから「超確信の三単4点」勝負! サートゥルナーリアに「黄信号」情報!?の画像2

 

 昨年の大阪杯より勝ち星からは遠ざかっているが、今年3月のドバイシーマクラシック(G1)、宝塚記念(G1)と連続で3着と好走。特に宝塚記念は粘り強い脚を見せるなど、復調気配を見せているのは確かだ。

 東京コースは7戦して[2・2・2・1]と相性が抜群な点も好材料。稽古の動きも上々と状態面にも不安は感じられない。一時は「現役最強」と呼ばれた実力馬が、2度目のビッグタイトル獲得を虎視眈々と狙っている。

JRA天皇賞・秋(G1)アーモンドアイから「超確信の三単4点」勝負! サートゥルナーリアに「黄信号」情報!?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!