NEW

パチスロ6号機「あの新台」はゲーム数表示が「攻略」のカギ!? 最新機種の“狙い目”を見逃すな!!

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パチスロ6号機「あの新台」はゲーム数表示が「攻略」のカギ!? 最新機種の狙い目を見逃すな!!の画像1

 大松のパチスロハイエナ実戦。今回は最新機種の『S呪怨 再誕AT』について書いていきたい。

 本機は純増4枚の疑似ボーナスと純増1.3枚のAT「呪縛ST」で増やす機種だ。

 ATの仕組みは『パチスロ タイガー&バニー』に似ていて疑似ボーナスからATの当選を目指していく。AT中は高確率で疑似ボーナスの抽選が行われていて、疑似ボーナス当選でATゲーム数が再セットされる仕組みだ。

 特筆したい点は6号機で不評の「減る区間」が無いという点と「ST単発」があまり無い点である。

 従来の6号機は疑似ボーナス間で出玉を減らしてしまう設計の機種が多い。しかし本機は純増1.3枚で徐々に増やしながら疑似ボーナスの当選を待てるのだ。

 しかもこの「呪縛ST」は最低継続率が約72%という高継続率である。STゲーム数が40ゲームの場合が約72%継続になるのだが、そんなことにはなかなかならない。

「呪縛ST」当選時は「伽耶子スクリーム」というSTゲーム数を決める特化ゾーンから始まる。平均獲得ゲーム数は約50ゲーム、継続率にすると約76%になる。筆者も数回当てているが最低で48ゲーム、最大で55ゲームだ。

 この「呪縛ST」にどれほどの出玉力があるか、というと独自計算ではあるが平均約700枚ほどになる。『バジリスク~甲賀忍法帖~絆』の「バジリスクタイム」が平均758枚と言われているので、それに匹敵する出玉力ということになる。

 疑似ボーナスへの当選は主にチャンスゾーンから目指すことになる。チャンスゾーンはレア役からの当選のみだ。

 狙い目はズバリ「チャンスゾーン高確率」だ。本機の攻略のカギは「如何にチャンスゾーンを多く獲得するか」である。

 約400ゲームで天井に到達するが、天井の恩恵は「チャンスゾーン高確率」であって疑似ボーナス当選ではないことに注意していただきたい。

 見極めは簡単だ。液晶右上にゲーム数の表示がある。この表示の「文字が赤ければ高確率濃厚」になる。天井到達後も文字が赤くなる。この高確率状態では約1/50でチャンスゾーンに当選するようだ。

パチスロ6号機「あの新台」はゲーム数表示が「攻略」のカギ!? 最新機種の“狙い目”を見逃すな!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事