NEW

アルテミスS(G3)リアアメリア完勝も川田将雅に笑顔なし……「思った以上に着差ない」アーモンドアイばり“異次元”末脚も「課題」山積み?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アルテミスS(G3)リアアメリア完勝も川田将雅に笑顔なし……「思った以上に着差ない」アーモンドアイばり異次元末脚も「課題」山積み?の画像1

 来年の牝馬クラシックは、やはりこの馬が中心か。

 26日、東京競馬場で行われたアルテミスS(G3)は、1番人気のリアアメリア(牝2歳、栗東・中内田充正厩舎)が勝利。最後の直線、最後方から豪快に差し切って単勝1.3倍の圧倒的人気に応えた。

 3年前から18頭、15頭、15頭……この時期に貴重な府中のマイル重賞ということもあって毎年、他頭数となるアルテミスS。だが、今年は早くからリアアメリアが出走を表明したことで、周囲は戦々恐々……結局、9頭立てで行われることとなった。

「いろんなことが経験出来たレースでした」

 レース後、主戦の川田将雅騎手がそう振り返った通り、この日は初の関東遠征に加えて、馬体重は+20kg。それでも単勝1.3倍は、やはり「アーモンドアイ2世」といわれる、この馬へのファンの期待の大きさの表れだろう。

「経験」という意味では、レースでも大きな収穫のある内容だった。

 この日は大外枠という難しい枠からのスタートということあり、道中では激しく行きたがる姿を見せたリアアメリア。「どうしても進み過ぎてしまうところがあるので……」と話した川田騎手が必死になだめる姿がビジョンに映し出された際は、東京競馬場のスタンドから大きな“どよめき”が上がった。

 その結果、最後方で最後の直線を迎えたリアアメリア。しかし、大外に持ち出した川田騎手がゴーサインを送ると、そこからは伸び脚が違った。粘り込みを図った2番人気サンクテュエールを難なく捉えると、最後は悠々と先頭でゴールした。

「難しいレースになりましたが、最後は力が違いましたね。まだ粗削りな面はありますが、非常に強い競馬だったと思います。

レースは最初の600mが36.3秒と、2歳戦らしい緩いペースで入ったので、川田騎手も相当折り合いに手を焼いていました。正直、無理にケンカせずに行かせてしまっても勝っていたかもしれませんが、先々を見据えての判断でしょう。

この勝利で出走すれば12月の阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)の1番人気は、ほぼ間違いないでしょう。今後は同厩で1つ上の2歳女王ダノンファンタジーと同じく、折り合いや距離が課題になってきそうです」(競馬記者)

アルテミスS(G3)リアアメリア完勝も川田将雅に笑顔なし……「思った以上に着差ない」アーモンドアイばり“異次元”末脚も「課題」山積み?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!