NEW

最強女王アーモンドアイ「最大の被害者」が気の毒すぎ? 国内G1・4戦連続「アーモンドアイ→川田」で、ついに白旗……

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

「やはりアーモンドアイは強いですね……」

 そんな“完敗発言”が出るのも仕方がないのかもしれない。“最大の被害者”であるこの男の前には、やはり今回も最強女王が立ちふさがった。

 27日に東京競馬場で行われた天皇賞・秋(G1)は、1番人気のアーモンドアイが圧倒的な強さを見せて優勝。ダノンプレミアムに騎乗した川田将雅騎手は3馬身差の2着と、なんとか格好は付けたものの、ライバルに白旗発言とも取れる“本音”が思わず漏れてしまった。

「ダノンプレミアムの前走・安田記念(G1)は、アクシデントがあっての最下位。大事には至らなかったものの川田騎手がレース後に下馬するなど、厳しい内容を思えば良く立ち直ったと思います。アーモンドアイには完敗と言わざるを得ないですが、最後にアエロリットを捉えるなど、ダノンプレミアムも力のある所は見せましたよ」(競馬記者)

 1枠2番という絶好枠から、最強馬を“最短距離”で導いたアーモンドアイのC.ルメール騎手の騎乗は確かに見事だった。だが、早めに先頭集団に並びかけたダノンプレミアムと川田騎手の強気な騎乗もまた、高い技術を感じさせる、ほぼ完璧な騎乗だったはずだ。

 しかし、そんな会心の騎乗も空しく「またも」最強女王に後塵を拝す結果に……。川田騎手の「やはり強かった」は、決して今回のレースだけを受けた発言ではない。

「アーモンドアイは、これで国内G1・5勝になりましたが、実はその内4回で川田騎手が2着なんですよ。逆にいえば、アーモンドアイの1頭さえいなければG1を4勝していたわけですし、まさに目の上のたん瘤のような存在ですよね」(競馬記者)

 確かにアーモンドアイは昨年、桜花賞(G1)、オークス(G1)、秋華賞(G1)の牝馬三冠に加え、ジャパンC(G1)、そして今年の天皇賞・秋と国内G1を5勝している。そして、その直後にはいつも川田騎手の姿が……。

 それもリリーノーブル(オークス)、ミッキーチャーム(秋華賞)、キセキ(ジャパンC)、ダノンプレミアム(天皇賞・秋)と、すべて異なる馬で2着しているだけに、より「残念さ」が際立っていると述べざるを得ない。ちなみに残り1つの桜花賞でも、川田騎手はリリーノーブルで3着だった。

「『(ダノン)プレミアムなら……』と思って挑みましたが、やはり強かった」

 川田騎手からすればリリーノーブル、ミッキーチャーム、キセキで敗れ「それでも、ダノンプレミアムなら……」という思いで挑んだ一戦だったに違いない。しかし、結果はまたも2着……。

 無論、川田騎手の高い技術があってこその4連続2着であることは確かだ。だが、「アーモンドアイ→川田騎手」という組み合わせは今後、是非とも「馬券」で狙い撃ちしたい法則になりつつあるかもしれない。

最強女王アーモンドアイ「最大の被害者」が気の毒すぎ? 国内G1・4戦連続「アーモンドアイ→川田」で、ついに白旗……のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!