NEW

【JBC展望】オメガパフューム貫禄見せつける!? 「交流G1の祭典」浦和開催、クラシックとレディスクラシック出走馬まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月4日(月・祝)、史上初、浦和競馬場で開催されるJBCデー。今回はクラシック、レディスクラシックの2レースを展望していこう。

JBCクラシック(G1、ダート2000m)

 JBCクラシックの中心は、オメガパフューム(牡4歳、栗東・安田翔伍厩舎)。

 今年の始動戦であるフェブラリーS(G1)は10着と大敗したものの、続く平安S(G3)で3着と若干巻き返す。そして向かった帝王賞(G1)では、後方で脚をためると直線で一気に伸びて、快勝した。今回は、昨年の覇者ケイティブレイブ、古豪ゴールドドリームなどは出走しない。ライバル不在の一戦を落とすわけにはいかないのは当然だ。

 ただ前走の勝利は、代打騎乗だったD.レーン騎手があげたもの。ここでは主戦のM.デムーロ騎手に手綱が戻る。最近、デムーロ騎手は不調がささやかれているが、相棒を勝利に導くことができるのだろうか?

 対抗筆頭はチュウワウィザード(牡4歳、栗東・大久保龍志厩舎)。今年の東海S(G2)でインティの2着と健闘。その後、ダイオライト記念(G2)、平安S(G3)と連勝し、帝王賞に向かった。帝王賞では好位追走から最後の直線を迎え、一時は先頭に立ったものの、最後はオメガパフュームの末脚に屈して0秒2差の2着に終わっている。

ここでオメガパフュームを下し、G1初勝利をあげ、新ダート王として名乗りをあげたいところだ。

 もう1頭がロードゴラッソ(牡4歳、栗東・藤岡健一厩舎)。前走のシリウスS(G3)では、先行集団を見る形でレースを運ぶと、早めに仕掛けて一気に先頭に立ち、そのまま押し切って勝利。6番人気ながら、重賞初制覇を達成した。

 ただ前走から斤量が2キロ増えて、初めて57キロを背負うことになる点は気になるところ。それを物ともしない走りを見せて、前走がフロックではなかったことを証明してもらいたい。

【JBC展望】オメガパフューム貫禄見せつける!? 「交流G1の祭典」浦和開催、クラシックとレディスクラシック出走馬まとめのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!