NEW

【京王杯2歳S(G2)展望】小倉王者マイネルグリットVS函館王者ビアンフェに「タワーオブロンドン2世」名スプリンター誕生の予感!?

【この記事のキーワード】, ,

【京王杯2歳S(G2)展望】小倉王者マイネルグリットVS函館王者ビアンフェに「タワーオブロンドン2世」名スプリンター誕生の予感!?の画像1

 2日(土)に東京競馬場にて伝統の2歳重賞である京王杯2歳S(G2)が開催される。

 距離が1400mということもあり、時期的にも朝日杯FS(G1)の前哨戦という位置づけではあるが、むしろこのレースに出走して後に出世した馬が意外に多い。一昨年の勝ち馬タワーオブロンドンは先日のスプリンターズS(G1)を制したほか、2016年の2着馬レーヌミノルは桜花賞(G1)を勝っている。

 また、2012年の2着馬ラブリーデイは後に天皇賞・秋(G1)やジャパンC(G1)を、2010年の2着馬リアルインパクトは安田記念(G1)を勝っているなど、3歳以降に活躍した馬を輩出しているレースだ。

 今年は14頭が登録。中でも注目を集めているのは、3連勝でここに臨んできたのがマイネルグリット(牡2、栗東・吉田直弘厩舎)だ。

 7月の中京でデビューし、終始好位を進んで勝ち上がる。2戦目は小倉へ移り、フェニックス賞(OP)に出走。前目の競馬に徹して2勝目を挙げる。連勝の勢いに乗って小倉2歳S(G3)に出走。重馬場だったが外から抜け出す競馬で後続をクビ差しのいで重賞制覇した。

 タイセイビジョン(牡2、栗東・西村真幸厩舎)も注目を集める1頭だ。

 父はフランスでG1を勝ったタートルボウルで、産駒に重賞勝ち馬が1頭しかいないという地味な血統ではあるが、6月の阪神でのデビュー戦では1番人気に推され、中団から脚を伸ばして2馬身半差をつけて勝ち上がった。

 函館2歳S(G3)へ駒を進めたものの、出遅れて後方からの競馬になり、上がり最速の脚を使うも届かず2着に敗れた。負けてなお強しといった内容だった。

 その函館2歳Sを勝ったのがビアンフェ(牡2、栗東・中竹和也厩舎)だ。6月の函館の新馬戦では1番人気に推されるも出遅れ、タイム差なしの2着に敗れる。中2週で出走した未勝利戦はハナ差ながら逃げ切り勝ち。3戦目の函館2歳Sも出遅れるが、先頭に立ってレースを引っ張り、タイセイビジョンを1馬身以上離して重賞制覇した。

【京王杯2歳S(G2)展望】小倉王者マイネルグリットVS函館王者ビアンフェに「タワーオブロンドン2世」名スプリンター誕生の予感!?の画像2

 このほか、デビュー戦を4馬身差圧勝し、前走のサフラン賞(1勝クラス)で2着したマジックキャッスル(牡2、美浦・国枝栄厩舎)やデビュー戦こそ凡走したが、未勝利戦は3馬身半の差をつけて逃げ切ったヴァルナ(牡2、栗東・寺島良厩舎)、同じく未勝利戦で3馬身差をつけて勝ち上がったモズアーントモー(牝2、栗東・森田直行厩舎)なども侮れない存在だろう。

 朝日杯FSはもちろん、今後の活躍を期待できる馬がこの中にいるだろうか。注目の一戦は15:35発走だ。

【京王杯2歳S(G2)展望】小倉王者マイネルグリットVS函館王者ビアンフェに「タワーオブロンドン2世」名スプリンター誕生の予感!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  2. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  6. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  7. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  8. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  9. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?
  10. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!