NEW

武豊・凱旋門賞(G1)「盛り上がり過ぎ」本音“暴露”連発!? フィエールマンら日本馬壊滅を「馬場だけのせいにされたのが、すごいイヤ」

【この記事のキーワード】, ,

武豊・凱旋門賞(G1)「盛り上がり過ぎ」本音“暴露”連発!? フィエールマンら日本馬壊滅を「馬場だけのせいにされたのが、すごいイヤ」の画像1

 今月、パリロンシャン競馬場で行われた凱旋門賞(G1)は、日本競馬界にとって、この上なくショッキングな結果に終わった。

 天皇賞馬フィエールマンを筆頭に、有馬記念(G1)を勝ったブラストワンピース、ジャパンC(G1)、宝塚記念(G1)などで2着したキセキの3頭という、現役屈指のラインナップで挑んだものの7着、13着、14着と、まるで悪夢のような結果……。

 世界女王エネイブルが敗れた波乱の決着に世界中が揺れたが、日本馬はそんな歴史的シーンの蚊帳の外にあったと述べても過言ではなかっただろう。

 果たして、日本馬が凱旋門賞を勝ち、世界の頂点に立つ日は本当に来るのだろうか。いや、そもそもあまりの環境の違いに「別世界」といわれる、欧州最高峰のレースに挑戦し続ける価値はあるのだろうか――。

 競馬ファンだけでなく、多くのメディア「凱旋門賞挑戦」そのものに疑問符が付き始めた昨今、競馬の第一人者・武豊騎手が『武豊TV!2』(フジテレビ系)を通じて、独自の見解を示している。

 今年はフランス調教馬ソフトライトに騎乗して、日本人騎手では断トツとなる通算8度目の凱旋門賞に挑んだ武豊騎手。結果は10番人気(JRAオッズ)6着と善戦したが、日本馬3頭が大敗した結果に「意外でしたね」と、率直な感想を漏らしている。

 このレース連覇中のエネイブルという絶対的な存在がいたこともあって「正直、『勝つのは難しいんじゃないかな』と思っていました」と話した武豊騎手だが、「ただ、ここまで手も足も出ないとは思わなかった」と予想以上の惨劇に、少なからぬショックを受けていたようだ。

 レース後、ブラストワンピースに騎乗していた川田将雅騎手とも「なんで、こんなに走れなかったのか……」と話し合ったという。

 その上で出した競馬界のレジェンド独自の見解は、日本競馬に一石を投じるものだった。

「ただ、『(敗因は)馬場だけかなあ?』という気はしますけどね――」

武豊・凱旋門賞(G1)「盛り上がり過ぎ」本音“暴露”連発!? フィエールマンら日本馬壊滅を「馬場だけのせいにされたのが、すごいイヤ」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  2. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  6. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  7. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  8. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  9. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?
  10. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!