NEW

コパノキッキング藤田菜七子に「優柔不断」の罠!?「形にこだわらなくてもいいのかな……」発言に懸念される2走前の悪夢

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 競馬界のヒロインが、いよいよ「頂点」に手を掛けるか――。

 地方競馬の祭典としてファンに定着している交流競走JBC開催だが、浦和競馬場で行われる今年は、JBCスプリント(G1)が一際脚光を浴びている。前走、東京盃(G2)で重賞初制覇を果たした藤田菜七子が騎乗するコパノキッキングが、G1制覇に王手をかけているからだ。

 社会ニュースでも取り上げられるほどの大観衆に応えるように、デビュー初勝利を飾ってから約3年……一回りも二回りも成長した藤田菜七子騎手が思い出の地・浦和競馬場に“凱旋”する。

「馬の力で勝たせてもらった。本当に強かったと思います」

 今年2月のフェブラリーS(G1)で大抜擢されてから4戦目。前走の東京盃で、ついに「結果」を残した。勢いよくハナに立ったコパノキッキングは、最後まで後続に影も踏ませぬ逃走劇……藤田菜七子騎手にとっての重賞初勝利を4馬身差の圧勝で飾っている。

 この勝利には、我慢強く起用してきた陣営も「いい乗り方をしてくれた」と高評価。その後、勢いに乗った藤田菜七子騎手は、自身初となる1日4勝を達成。毎週のように勝ち星を量産し、現在関東リーディング10位にランクインするなど、急激な成長を見せている。

 そんな競馬界のヒロインに巡ってきたビッグチャンス。交流重賞とはいえ、G1の大舞台を1番人気で迎えることが濃厚で、レース当日には記録的な大観衆が詰めかけることになりそうだ。

だが、一方記者は決して「コパノキッキング断然ではない」という。それも最大の不安要素が、藤田菜七子騎手にあるというから驚きだ。

「コパノキッキングは確かにG1級の実力馬だと思いますが、今回は難しいレースになるかもしれません。というのも、肝心なコパノキッキングの戦法が定まってない印象なんですよね。

過去にカペラS(G3)を追い込みで勝ち、東京盃は逃げ切り勝ち。藤田菜七子騎手も初騎乗のフェブラリーSは後ろからの競馬でした。どちらの戦法でも重賞級のパフォーマンスを発揮できることは間違いないですが、『出たとこ勝負』というのは一見臨機応変に見えて、想定外のことも起きやすいですから……」(競馬記者)

コパノキッキング藤田菜七子に「優柔不断」の罠!?「形にこだわらなくてもいいのかな……」発言に懸念される2走前の悪夢のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!