NEW

天皇賞・秋(G1)「3着激走」アエロリットの父クロフネ「種牡馬引退」間近……今年「種付けゼロ」未解決の後継問題

天皇賞・秋(G1)「3着激走」アエロリットの父クロフネ「種牡馬引退」間近……今年「種付けゼロ」未解決の後継問題の画像1

 先週の天皇賞・秋(G1)3着と、改めて高いパフォーマンスを見せたアエロリット。勝ったアーモンドアイにはちぎられたものの、そこからダノンプレミアムやサートゥルナーリアを相手に見せた驚異的な粘りは、多くのファンに驚きと感動をもたらした。

 しかし、その父クロフネに「種牡馬引退」が迫っているというニュースが舞い込んできた。

 競馬大手ポータルサイト『netkeiba.com』で島田明宏氏が連載中の『熱視線』で、社台スタリオンステーションを訪ねたレポートによると、今年21歳を迎えたクロフネは肝機能が低下したこともあり、今年は一頭も種付けをしていないという。記事には「種牡馬引退も近いようだ」という言葉もあった。

「3歳秋に引退したクロフネは、18年という非常に長い種牡馬生活を送ってきました。現役時代は主戦の武豊騎手をして『ドバイワールドカップ制覇を一番意識した馬』と言わしめるほど、図抜けた能力の持ち主。2着馬を7馬身ちぎった2001年のジャパンCダート(現チャンピオンズC)は、今でも伝説のレースの1つとして多くのファンが記憶しています。

引退後も日本競馬で屈指の名種牡馬になりましたが、これといった後継種牡馬に恵まれていないところが、大きく残念なところです」(競馬記者)

 これまでアエロリットを始め、スプリント王のカレンチャンやスリープレスナイト、ヴィクトリアマイル(G1)を勝ったホエールキャプチャなど、数多くの名馬を輩出したクロフネだが、これらはすべて牝馬だ……。

 フサイチリシャールやクラリティスカイなどが後継として種牡馬入りをしたが、過度な期待はできない状況だ。北米の主流血統だったヴァイスリージェント系の定着に大きく貢献したクロフネ。どうにかその血を残す大物後継者が出てきて欲しいが……。

 ディープインパクト、キングカメハメハと超大物種牡馬の死去が報じられた今年。また一頭、大物種牡馬がその役目を終えるのは残念だが、クロフネも今年で21歳。静かな余生を送ってほしい。

天皇賞・秋(G1)「3着激走」アエロリットの父クロフネ「種牡馬引退」間近……今年「種付けゼロ」未解決の後継問題のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊のイメージを「完全払拭」したキタサンブラック、最強候補イクイノックスも証明した「キャラ変」の決定打とは
  2. JRA 関東リーディングのトップ5で「一家独占」が発生!? 同姓ゆえ起こったファンの思わぬ「勘違い」とは
  3. JRA C.ルメールと横山武史が「バチバチ」の潰し合い! 真打ち登場に揺れる砂上の楼閣、首位陥落は時間の問題か
  4. JRAファンから「ルール改正」望む声も噴出した不運、「4度目の正直」で念願叶った実力馬とは
  5. JRA「異常事態」の戦犯はC.ルメール!? 波乱続きの今年の重賞戦線、実はとんでもない「裏切り」記録が継続中だった
  6. JRA「6馬身差」レコード勝ちはイクイノックス以上!? 「知らなきゃ損」の密かな出世レースに超大物候補が満を持して登場!
  7. JRA 「G1を勝てる」福永祐一、浜中俊も太鼓判!シルクロードS(G3)不振の三冠トレーナーが復活を託したのは菜七子世代の出世頭
  8. JRA 1年で一番面白いレースは根岸S(G3)!? フジテレビ名物実況・青嶋アナの「神実況」と競馬大好き人気芸人も愛した「鬼脚」牝馬
  9. JRA「僕のお気に入り」武豊が惚れ込んだ怪物が古馬になって本領発揮!? 復帰初戦はレジェンドの「相馬眼」にかけて負けられない戦いか
  10. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊に替わって7馬身差圧勝…かつての関西ホープ騎手に突き付けられた「厳しい現実」