NEW

JRA武豊・米BCスプリント(G1)「歴史的快挙」の可能性十分! 米国の強豪集うも、マテラスカイは最有力候補に先着の実績

【この記事のキーワード】, ,
JRA武豊・米BCスプリント(G1)「歴史的快挙」の可能性十分! 米国の強豪集うも、マテラスカイは最有力候補に先着の実績の画像1
マテラスカイ 競馬つらつらより

 11月2日にアメリカのサンタアニタパーク競馬場で行われるブリーダーズCスプリント(G1)に、日本からマテラスカイ(牡5歳、栗東・森秀行厩舎)が挑戦する。鞍上は、もちろん主戦の武豊騎手だ。

 今年は、このレースを連覇していたロイエイチが不在ということもあって混戦模様。日本馬のBCスプリント挑戦は2000年のアグネスワールド(9着)以来となるが、マテラスカイが歴史的快挙を成し遂げるか。

 これまで「世界の壁は厚い」といわれ、海外遠征自体が稀だった日本のダートスプリント界。しかし、マテラスカイは、その壁を乗り越えてきたパイオニアだ。

 昨年のドバイゴールデンシャヒーン(G1)の時点では、まだ重賞勝利どころか、オープン勝ちもなかった。しかし、管理する森秀行調教師が主催者にVTRを送るなど“執念”で出走権をつかみ取ると、世界の強豪相手に見せ場十分の5着と善戦。マテラスカイの名は日本だけなく、世界にも一気に知れ渡った。

 その後、プロキオンS(G3)で重賞タイトルを手にすると、JBCスプリント(G1)でも2着。日本のトップスプリンターとして挑戦した今年のドバイゴールデンシャヒーンでは、勝ったエックスワイジェットに真っ向勝負を挑み、最後まで食い下がる非常に強い2着だった。

 もはや、この馬のスピードが世界に通用しないとは、誰も言えないだろう。史上初めて、米国競馬の祭典・ブリーダーズCの勲章を日本に持ち帰れるか。

 だが、現地はダート競馬主流の米国。王者ロイエイチがいなくとも当然、次代の王者候補が虎視眈々と頂点を狙っている。

 中でも、ここまで6戦5勝の「天才スプリンター」ミトーリは、歴史的な名馬になる可能性を秘めた大器だ。

 デビューからG1・2勝を含む破竹の4連勝で、一気にダートスプリント界の主役に躍り出たミトーリ。2走前のA.G.ヴァンダービルトHC(G1)こそ3着に敗れたが、巻き返しが期待された前走のフォアゴーS(G1)では、2着馬に3馬身差をつける圧勝。単勝1.9倍の人気に応えている。

 逃げ馬を見るような2番手から、一瞬で後続を突き放した走りは「強い」の一言。マテラスカイにとって、間違いなく最大の強敵となりそうだ。

JRA武豊・米BCスプリント(G1)「歴史的快挙」の可能性十分! 米国の強豪集うも、マテラスカイは最有力候補に先着の実績のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊に替わって7馬身差圧勝…かつての関西ホープ騎手に突き付けられた「厳しい現実」
  2. JRA【AJCC(G2)予想】川田将雅×ポタジェは即消し! C.ルメールに「不安あり」なら「あの穴馬」が絶好の狙い目!
  3. 「ルールですので仕方ありませんが……」現役JRA騎手も警鐘を鳴らす現行ルールの欠陥!? 陣営も頭を悩ます「除外ラッシュ」の真相
  4. JRA“イジメ”のような神展開に霜降り明星・粗品ブチ切れ確実!? これぞ「逆神」たる所以か…狙い通りの単騎逃げ成功も、まさかの1、2番人気強襲で撃沈
  5. JRA【根岸S(G3)展望】「12戦0勝」武豊、連勝中ヘリオスで初制覇の大チャンスも…「6連勝中」の超新星クロパラントゥは除外が濃厚
  6. JRA 「相手が悪かったかな」武豊も脱帽した怪物ダート馬がまたも登場!? 馬主は「2週連続」大物引き当てる強運の持ち主
  7. JRA「またも」落馬事故で横山武史が病院搬送……藤田菜七子、戸崎圭太、三浦皇成ら関東スター騎手の相次ぐ“悲劇”にファンも心配
  8. JRA「まるで別人」C.ルメールまさかの重賞13連敗……大本命オーソクレース6着惨敗で、2022年重賞「馬券圏内ゼロ」行進
  9. JRA【東海S(G2)予想】福永祐一不在のオーヴェルニュは迷わず切り! 「単勝万馬券」級の穴馬の激走で高配当を狙う!
  10. JRA イクイノックスVSジオグリフは実現せず!? 豪華絢爛の木村哲也厩舎が抱える深刻な“C.ルメール依存症”…解決策はいつものアレ?