NEW

甘デジでも「全反撃」スペック降臨!「高継続×一撃」マシン快進撃なるか!?【新台分析―パチンコ編ー】

【この記事のキーワード】

, , ,

 人気シリーズ『北斗の拳』など話題作を続々と発表している大手サミー

 そんなヒットメーカーは、「画期的システム」が話題になった人気コンテンツの「甘デジ」スペックを11月5日よりホールへ導入予定だ。

 6段階設定付きの「全反撃スペック」へ熱い視線が注がれている。

『デジハネP七つの大罪 エリザベスVer.』(サミー)

※11月5日導入予定

甘デジでも「全反撃」スペック降臨!「高継続×一撃」マシン快進撃なるか!?【新台分析―パチンコ編ー】の画像1

 

■大当り確率:約1/129.8(設定1)~約1/80.0(設定6)

■大当り+小当り確率(右打ち時):1/13.67(同)~1/12.83(同)

■ラウンド数:5R or 10R

■賞球数:4&1&3&5&8

■時短回数:0回or7回or14回or99回

■大当り出玉:約400個or約800個

○○○

 人気漫画とのタイアップ機『七つの大罪』の、遊びやすい甘デジスペックが登場。シリーズ踏襲の1種2種混合タイプで、6段階設定を搭載している。大当り確率は約1/129.8(設定1)~約1/80.0(設定6)。時短回数は0回or7回or14回or99回だ。

 初当り時は時短0 or 99回がそれぞれ50%で付与され、大当り出玉はいずれも10R(800個)が獲得できる。甘デジながら“まとまった出玉”が得られる仕様だ。

 RUSH中は時短7回~99回が振分けられ、その間に1/13.67~1/12.83の小当りを引くという流れ。その実質継続率は「約71.6%~約73.4%」と、連チャンを存分に堪能することができそうだ。

 右打ち時は10Rが合計で34%という振り分け。遊びやすいながらも“一撃”に期待できる仕上がりと言えるだろう。『七つの大罪』シリーズらしい「全反撃(フルカウンター)スペック」の活躍に期待だ。

甘デジでも「全反撃」スペック降臨!「高継続×一撃」マシン快進撃なるか!?【新台分析―パチンコ編ー】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事