NEW

Dr.コパ「赤裸々」連発で藤田菜七子が大ピンチ!?「浦和は向いてない」待望のG1初制覇へJBCコパノキッキング「弱点」「作戦」筒抜け……

【この記事のキーワード】, ,

 追い込みの競馬でカペラS(G3)を、差して根岸S(G3)を、そして逃げて東京盃をそれぞれ勝利しているだけに、相手陣営からしても今回、本命馬がどういった作戦で来るのかが1つのポイントだったはずだ。

 しかし、これも小林氏があっさりと「彼の持ち味は『逃げ』だと思う」と、あっさり逃げ宣言。

 さらに前走の東京盃を勝った際には、今回“同型”のライバルとなるノブワイルドの前田亘輝オーナーから連絡があったと話し、「東京盃の後に、すぐお祝いの電話が来て『コパさん、(JBCスプリントに)来ないでよー!』『2頭で逃げ争いになって、後ろから差されるよ』と”泣き”があったというエピソードを明かしている。

 これに対して小林氏は「ウチ(コパノキッキング)は逃げるし、ノブワイルドも逃げるでしょ。どっちかが逃げて、どっちかが番手に。それ以外ないと思う」と、早くも“全面対決”を示唆。「スピードのある馬が前(ハナ)に行って、そのまま勝っちゃうんじゃないか」と、レース序盤のハナ争いが極めて重要であると見ているようだ。

「1コーナーで勝ち馬が決まるんじゃないですか。ボート(レース)みてえだな(笑)」

 最後はそう笑い飛ばした小林氏。苦手コースの不利は勝利の上、作戦もこれで筒抜けになったが威風堂々、本命馬が受けて立つ構えだ。

Dr.コパ「赤裸々」連発で藤田菜七子が大ピンチ!?「浦和は向いてない」待望のG1初制覇へJBCコパノキッキング「弱点」「作戦」筒抜け……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合