NEW

【JRAエリザベス女王杯】クロノジェネシスの反動?ラヴズオンリーユーの状態?難解な牝馬重賞を徹底検証!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【JRAエリザベス女王杯】クロノジェネシスの反動?ラヴズオンリーユーの状態?難解な牝馬重賞を徹底検証!の画像1
エリザベス女王杯はこれで解決!

 アーモンドアイの天皇賞制覇に日本中が衝撃を受けたが、その余韻は今も残っている。誰が見てもまさに現役最強の一言、もはや国内で彼女に立ち向かえる馬はいない。そう確信させる圧倒的なレースであった。

 基本的に競走馬は牝馬より牡馬の方が強いと言われていたが、最近はその傾向も変わってきた。ヨーロッパでは牝馬のエネイブルが凱旋門賞2連覇を成し遂げ、3連覇を狙った今年も2着に好走。アーモンドアイとエネイブルが、欧州と日本の競馬を引っ張っていると言っていいだろう。

 今週行われるエリザベス女王杯は、秋の最強牝馬を決めるレースという位置付けではあったが、実際はその存在価値が疑問視されている。というのも、ウオッカやジェンティルドンナといった歴史的名牝たちは、エリザベス女王杯を勝利どころか出走すらもしていない。今年もアーモンドアイは出走しないし、昨年の優勝馬リスグラシューも不在。さらに春のヴィクトリアマイルを制したノームコアも出走せず、正直寂しいメンバーとなってしまった。そういった微妙なレースだけに、毎年波乱含みの一戦となっている。

 実際にこのエリザベス女王杯では過去に大万馬券が続出。1番人気は過去20年でたった3勝しかしていないし、過去10年で5番人気以下の勝ち馬は4頭もいるなどまさに波乱必至のレース。馬券的にも非常に難解であり、一般ファンがスポーツ紙を参考に購入して簡単に的中できるようなレベルではない。特に牝馬のG1レースは状態の比較や力関係の把握が難しく、春のヴィクトリアマイルでも40万馬券が飛び出す大波乱となっているほど。そこで注目したいのが競馬情報のプロが提供する馬券勝負だ。

 この秋、関西馬の極秘勝負情報で連戦連勝を続けている、本物の競馬関係者によるプロフェッショナル情報が注目を集めている。そのプロが、関西馬情報の頂点に立つ「チェックメイト」だ。彼らは栗東トレーニングセンターのすぐ目の前に拠点を構え、毎日のように関西馬の情報を収集している。それは調教師、騎手、厩務員、獣医、調教助手、馬主、外厩牧場など様々な範囲に及び、まさにすべての関西馬情報が集結。中には「●●が結婚するから、ご祝儀であの馬が勝負だ」なんて内輪の話もあるとのことで、まさにチェックメイトの情報力が伝わってくる。

【JRAエリザベス女王杯】クロノジェネシスの反動?ラヴズオンリーユーの状態?難解な牝馬重賞を徹底検証!の画像2
秋華賞は4人気クロノジェネシスを本命!

 彼らの関西馬情報がどれほど凄いのか、エリザベス女王杯の前哨戦となる2つのレースを見れば一目瞭然だ。まず秋華賞では4人気の関西馬クロノジェネシスを本命に3連複1万5170円、馬連2180円を的中。同馬は休み明けでプラス20㎏という馬体増が嫌われて人気を落としていたが、現場関係者は「ダノンファンタジーではなく、この馬」と断然イチオシだったという。さらに府中牝馬ステークスにおいても、関西馬スカーレットカラーを本命に3連単7万7860円、3連複9940円、馬連7320円的中という離れ業をやってのけている。このレースはほとんどのマスコミが本命に推した人気の関東馬プリモシーンが大敗したが、まさに天と地の差があるレース結果だったといえるだろう。

 チェックメイトには、騎手として日本ダービーを制し、調教師としてオークスを制する偉業を達成した元JRA調教師の清水久雄氏など、競馬業界内で知らない者はいない超大物を筆頭に、多数の情報網が在籍している。その情報力を示した結果が、この秋華賞と府中牝馬Sなのだ。多くの競馬ファンが秋華賞では1番人気のダノンファンタジーから買い、府中牝馬Sでは関東馬のプリモシーンを本命に選んだはず。しかし関西馬情報をしっかり把握するチェックメイトを利用していれば、馬券が紙くずに変わることなく、万馬券的中という最高の結末になっていたのである。この差はあまりにも大きい。

 しかしそれを巻き返すチャンスが今週めぐってきた。チェックメイトは、週末に行われるエリザベス女王杯に向けて「的中に絶大な自信」を示しているのだ。秋華賞と府中牝馬Sの万馬券をダブル的中させている彼らが宣言するのだから、これ以上説得力のあるものはないだろう。少なくとも、この2レースを外したスポーツ紙や競馬専門紙は参考にすべきではない。参考にすべきは、本物の関西馬情報なのである。チェックメイトが語るエリザベス女王杯の見解を聞くと、その自信度がしっかりと伝わってきた。

「昨年のエリザベス女王杯では、勝負情報を掴んでいた関西馬リスグラシューを本命公開し、大ヤリ情報を掴んでいた人気薄関西馬クロコスミア(9人気)が2着に食い込み、馬連9800円的中を仕留めることができました。

 今年は秋華賞を制したクロコスミア、前哨戦の府中牝馬Sを制したスカーレットカラー、オークス馬ラヴズオンリーユー、2年連続で2着のクロコスミアなどが参戦予定となっています。しかし、毎年のように人気薄が上位へ食い込んでいるように、今年も格下と見られる馬でも「ここに来て本格化してきた」とか「この距離ならG1でも通用する」といった話が出ており、波乱の雰囲気も漂っています。

【JRAエリザベス女王杯】クロノジェネシスの反動?ラヴズオンリーユーの状態?難解な牝馬重賞を徹底検証!の画像3
オークス以来となるラヴズオンリーユーの状態は?

 この秋は秋華賞と府中牝馬Sを仕留めているように、牝馬情報はほぼ完璧に把握しています。クロノジェネシスのその後の様子や、スカーレットカラーが初めての2200m戦で力を発揮できるのか、そして秋華賞を使えなかったラヴズオンリーユーの仕上がり具合など、気になる要素は多々あります。我々は全出走馬の情報を入手していますが、ある関西馬陣営から『これまでもいい仕上がりで走っていたけど、今回はさらに上の状態。この舞台も走りやすいと思うので、スムーズな競馬ができればまず勝ち負けになる』という勝負情報を入手。さらに人気薄濃厚なある陣営から『あまり結果が出てないけど、ここで勝ち負けできる力はある。ここに向けて秘策も用意しているので、一発あると思うよ』というヤリ話も掴んでいます。

 これまでの牝馬重賞では、勝負の関西馬情報で多数の的中を仕留めています。このエリザベス女王杯は秋華賞や府中牝馬S以上の手応えを掴んでおり、自信を持って公開いたしますので、ぜひご注目ください」

 関西馬情報を把握する彼らだけが知る真の勝ち馬、そして衝撃の穴馬、この二つの情報を入手することで的中がグッと近づく。そしてそれを提供してくれるチェックメイトの【エリザベス女王杯無料提供企画】。レース後に後悔しないためにも、秋華賞と府中牝馬Sの負けを取り戻すためにも、このチェックメイトの無料情報は絶対に活用したい。そしてマイルCSやジャパンカップなど、まだまだ続く秋の大一番に向けて、関西馬情報をしっかり使いこなそう。
CLICK→【無料公開!エリザベス女王杯・勝負買い目】チェックメイト

※本稿はPR記事です。

【JRAエリザベス女王杯】クロノジェネシスの反動?ラヴズオンリーユーの状態?難解な牝馬重賞を徹底検証!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!