NEW

JRAみやこS(G3)川田将雅インティ○番手の「三連単2点」! 信頼度急上昇の「現場情報」で狙い撃ち!!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3日(日)に京都競馬場でダート重賞みやこS(G3)が開催される。勝ち馬にチャンピオンズC(G1)の優先出走権が与えられるこの一戦に「現場の声を重視するブロディN」が挑戦。極秘ルートから入手した有力「現場情報」で的中を狙う。

JRAみやこS(G3)川田将雅インティ○番手の「三連単2点」! 信頼度急上昇の「現場情報」で狙い撃ち!!の画像1
※画像:スマハマ/『JBISサーチ』

 本命『◎』に選んだのは、5番スマハマ(牡4歳、栗東・高橋亮厩舎)だ。

 4歳馬ながらキャリアはまだ7戦。だがそのいずれでも掲示板を確保している。重賞初挑戦となった前々走の東海S(G2)では、2番手で運ばれると粘って3着。前走の名鉄杯(L)では、単勝1.7倍の圧倒的1番人気に応えるように、見事な逃げ切り勝ちを見せた。

「前走こそ逃げ切り勝ちでしたが、青竜S(OP)の時は控えて2着と好走。この自在性も武器のひとつです。

 東海Sでは、勝ち馬のインティに1秒4差も離されての3着でした。ただ、このときは骨折明けでしたし、今回とは調整度が違いすぎますよ。今回、斤量はインティに比べて3キロも軽い56キロ。リベンジを果たすならばここでしょうね」(栗東関係者A)

 対抗「○」には9番アナザートゥルース(セ5歳、美浦・高木登厩舎)をあげたい。

 今年重賞初挑戦となった名古屋大賞典(G3)で3着と好走。続くアンタレスS(G3)では早めの仕掛けから、上がり最速の脚を使って重賞初制覇を達成した。前走の平安S(G3)は4着に終わったが、陣営はここでの巻き返しに自信を覗かせているという。

「前走について、陣営は『少し内にモタれたところがあったものの、最後までしっかり脚を使っていた』と内容を評価していました。高木調教師も『ブリンカーをつけてからは安定して走っている。前走と同じくらい頑張ってくれれば、差はないはず』と語っていましたよ。

 最終追い切りは軽めでしたが、それはすでに仕上がっているからこそ。ここでも上位進出が期待されます」(栗東関係者B)

JRAみやこS(G3)川田将雅インティ○番手の「三連単2点」! 信頼度急上昇の「現場情報」で狙い撃ち!!の画像2

 そして「▲」に16番インティ(牡5歳、栗東・野中賢二厩舎)。

 前走の帝王賞(G1)こそ1番人気を裏切り6着。だが、今年のフェブラリーS(G1)の覇者にして、かしわ記念(G1)でも2着と好走。実力は今回の出走馬の中でもトップクラスなのは間違いない。

「今回のメンバーでは実績もトップ。だけど大目標はここではなく次のチャンピオンズCです。稽古を見た限りでは、馬体にも少し余裕があるように見えました。
 
 また今回はこれまで経験したことがない59キロを背負っての出走。行き脚が鈍り、そのまま……なんてことも考えられますよ」(栗東関係者C)

今回の買い目は以下とする。

【三連単2点】

1着[5]

2着[9.16] ↓
3着[9.16]

 人気を集めるだろう馬が入っているものの、三連単であれば旨味ある配当も見込めるはずだ。激走を期待したい。

(文=ブロディN)

JRAみやこS(G3)川田将雅インティ○番手の「三連単2点」! 信頼度急上昇の「現場情報」で狙い撃ち!!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!