NEW

甘デジ「10万勝ち」も狙える!? 設定6の甘さは桁違い!!【超個人的「勝てる甘デジ」特集⑮】

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回、個人的「勝てる甘デジ」として紹介するのは、40代以上のパチンコファンには懐かしい1995年開発のレジェンド台「ミルキーバー」の最新後継機にあたる『PAミルキーバーN-W6』です!

甘デジ「10万勝ち」も狙える!? 設定6の甘さは桁違い!!【超個人的「勝てる甘デジ」特集⑮】の画像1
ニューギンHPより

『PAミルキーバー』は可愛らしいデフォルメキャラに変わっており、初代とは印象が随分違いますね。ただ、初代の演出が楽しめるクラシックモードを搭載しており、また初代を打った事がある人ならばニヤリとする「自粛演出」もあるので、初代のファンもノスタルジーに浸れること間違いナシでしょう。

 また、本機は6段階設定の『PAミルキーバーN-W6』と3段階設定の『PAミルキーバーN-W3』の2スペックがリリースされており、盤面の色以外は見た目も演出も全く同じ。今回お奨めするのは6段階設定の『PAミルキーバーN-W6』なので、本機を狙う際は盤面がピンクの台(※3段階設定のW3は盤面が緑)を探してください。

甘デジ「10万勝ち」も狙える!? 設定6の甘さは桁違い!!【超個人的「勝てる甘デジ」特集⑮】の画像2
ニューギンHPより

■仕様:確変機

■大当り確率:

設定1   1/99.90→1/49.95

設定2   1/94.98→1/47.49

設定3   1/89.90→1/44.95

設定4   1/84.89→1/42.45

設定5   1/79.92→1/39.96

設定6   1/69.94→1/34.97

■確変突入率:40%

■時短:30or70回

■大当り出玉:3R約300個・5R約500個・10R約1020個

〇〇〇

 本機は、確変突入率がヘソ・電チュー共に40%と低い分、時短70回の引き戻し期待値が高くなっており、確変+時短引き戻しで連チャンを狙うタイプの機種となります。

 出玉の鍵となる≪ミルキータイム≫は全ての大当り終了後に必ず突入。ヘソ初当りの場合、「時短30回」or「時短70回」or「次回まで(確変)」の可能性があり、通常ならば30回または70回の到達時に電サポ終了となりますが、もし確変を引いていれば規定回数到達後に≪超絶すももZONE≫へと昇格するので、大当り終了後30回転目と70回転目は要注目です。

 また、右打ち中に大当りを引く事ができれば、次回の≪ミルキータイム≫は「時短70回」または「次回まで(確変)」の2択となるので、たとえ確変を引けなくとも時短引き戻しの期待値が一気に上がります。このため、ヘソ大当り後の≪ミルキータイム≫でどれだけ大当りを引き戻せるかが連チャンの鍵ですね。

 右打ち中の大当り振り分けは、3R(約300個)の比率が50%と大きいものの、10R(約1020個)が15%、5R(約500個)も35%とまずまず期待が持てるため、上手く振り分けが偏れば一気に出玉を伸ばす事も可能でしょう。

 ただ、本機の継続率や出玉性能は、他の甘デジと比較しても突出している訳ではなく、低設定しか打てないホールであれば一ミリもお奨めできない台です。

 しかし、高設定は別物!筆者が『PAミルキーバーN-W6』を一押しする理由は≪高設定がとにかく甘い≫という点にあるのです!!

 特に設定6は通常大当り確率が1/69.94と非常に軽く、時短70回転の引き戻し期待値が相当高いので、確変を含めた合算継続率はちょっとおかしいレベル。設定6ならばボーダー11回転以上で収支期待値がプラスとなり、ボーダー20回転以上で収支期待値がプラス10万円を余裕で超える…と言えば、本機の高設定が「桁違いに甘い」という事は一目瞭然でしょう。

甘デジ「10万勝ち」も狙える!? 設定6の甘さは桁違い!!【超個人的「勝てる甘デジ」特集⑮】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!