NEW

JRAルメール「いいね~!」超大物スカイグルーヴ5馬身圧勝デビュー!「能力がある。凄い!凄い!」日本屈指の名血がクラシック筆頭候補へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3日、東京競馬場で新馬戦(芝2000m)が行われ、1番人気のスカイグルーヴ(牝2歳、美浦・木村哲也厩舎)が、持ったまま5馬身差の圧勝。新種牡馬エピファネイア産駒の良血馬が単勝1.4倍の人気に応えた。

 11頭立てで行われた芝2000mのレース。各馬横一線のスタートとなったが、1枠1番の絶好枠だったスカイグルーヴが、内枠の利を活かしてハナへ。前半1000m通過を62.3秒のスローペースにまとめて主導権を握ると、後は独壇場だった。

 最後の直線を迎え、各馬が追い出しに入る中、スカイグルーヴの鞍上C.ルメール騎手の手綱はまったく動かず。残り400mを過ぎたところで、わずかに促すと、スッと後続を突き放して勝負を決めてしまった。

「いいね~!」

 レース後、開口一番でそう言ったルメール騎手は満面の笑みだ。「能力がある。凄い!凄い!」とスカイグルーヴを手放しで絶賛。「上のクラスに行ける」と早くも来年のクラシックを意識したコメントまで飛び出した。

「この時期の牝馬が2000mで牡馬を負かすのは難しいんですが、ここは能力が違い過ぎましたね。

今回は楽なレースだったので、まだわからない部分もありますが、新種牡馬のエピファネイアにとっては待望のクラシック候補。決して超良血馬というわけではありませんが、日本屈指の名牝同士の配合だけに大物感は十分。距離が伸びても良さそうで来年が楽しみな逸材です」(競馬記者)

 スカイグルーヴの父エピファネイアは、日米オークスを制した歴史的名牝シーザリオの仔。今年の皐月賞馬サートゥルナーリアなどを送り出している今最も勢いのある名血の1つだ。

 また、母アドマイヤセプターは2冠馬ドゥラメンテの全姉という良血。こちらも1997年の年度代表馬エアグルーヴを祖とする日本屈指の名血だ。オールドファンにとっては、胸が高鳴るような組み合わせといえるだろう。

「気持ちの強い馬。このあと無事に育てていけるように頑張りたい」

 来年のクラシックを見据え、そう兜の緒を締めた木村哲也調教師。先月の天皇賞・秋(G1)で現役最強を示したアーモンドアイが所属するシルクレーシングから、また一頭大物牝馬が出現した。

JRAルメール「いいね~!」超大物スカイグルーヴ5馬身圧勝デビュー!「能力がある。凄い!凄い!」日本屈指の名血がクラシック筆頭候補へのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!