NEW

JRAマヤノトップガン死す「ナリタブライアン伝説の阪神大賞典」「3強の天皇賞・春」競馬界に確かな足跡

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:マヤノトップガン/『JBISサーチ』より

 11月5日、JRAはG1・4勝をあげたマヤノトップガンが、老衰のため3日に死去したと発表した。27歳だった。

 マヤノトップガンは95年の菊花賞(G1)で、好位から早めの仕掛けを見せて勝利。牝馬ながら牡馬重賞に挑戦したダンスパートナー、ダービー馬タヤスツヨシを抑えて、重賞初制覇を達成した。そして有馬記念(G1)に出走すると、6番人気ながら一世一代の逃げを打ち、ヒシアマゾン、ナリタブライアンら有力年長馬を相手に大金星をあげる。

 96年は阪神大賞典(G2)から始動するも、ナリタブライアンに競り負けて2着。この一戦は「伝説のG2」や「土曜日史上最高のレース」とまで称され、長らく競馬ファンの語り草となった。続く天皇賞・春では5着に終わったものの、ライバル不在と言われた宝塚記念(G1)を、好位追走からそのまま押し切る強い内容で勝利。重賞3勝目をあげた。このまま充実の秋を迎えるかに思われたが、天皇賞・秋(G1)はバブルガムフェローに0秒1差の2着。昨年優勝馬として臨んだ有馬記念では、2番人気ながら7着と期待を裏切る結果に終わっている。

 そして翌年は、前年同様阪神大賞典で始動。後方から脚を伸ばして2着に3馬身半差をつけて勝利し、前年5着に終わった天皇賞・春に向かった。ここでは有馬記念を勝ち、前年のこのレースの覇者サクラローレル、無冠の帝王と呼ばれG1初制覇を狙うマーベラスサンデーとの三つ巴の闘いとなった。最後の直線でサクラローレル、マーベラスサンデーが抜け出す。この2頭の一騎打ちになるかと思いきや、後方で脚をためていたマヤノトップガンが上り34秒2の脚を使い、2頭を交わして優勝。ライスシャワーの記録を2秒7も更新する、当時の世界レコードを樹立してみせた。

 その後ジャパンC(G1)を最終目標に調整が進められるも、屈腱炎を発症。引退し、種牡馬入りを果たす。種牡馬としては。2003年のステイヤーズS(G2)などを勝ったチャクラ、東海S(G2)、エルムS(G3)などの勝ち馬メイショウトウコン、東京ハイジャンプ(J.G2)を勝ったデンコウオクトパスら重賞勝ち馬も輩出。だが、産駒にG1勝ち馬が現れないまま、15年5月に種牡馬としても引退を発表していた。

 21戦8勝のうち、勝ち星の半分がG1レースというスケールの大きい馬だった。冥福を祈りたい。

JRAマヤノトップガン死す「ナリタブライアン伝説の阪神大賞典」「3強の天皇賞・春」競馬界に確かな足跡のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!