NEW

JRA川田将雅「変な競馬になって」武豊へ謝罪!? みやこS(G3)1番人気インティ最下位大敗に“疑惑”の声……

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3日のみやこS(G3)で1番人気に支持されながらも、最下位の15着に大敗したインティ。

 スマハマとリアンヴェリテとの超ハイペースが祟った印象だが、米国遠征中だった武豊騎手の「代打」という形でバトンを受け継いだ川田将雅騎手にとっては、すこぶるバツの悪い結果になってしまった。

「どうやらレース後に、川田騎手から『変な競馬になってすみません』と武豊騎手へ謝罪があったようです。次走は12月のチャンピオンズC(G1)が予定されているインティですが、精神的にもダメージが残る競馬になってしまいました。

フェブラリーS(G1)に続く、統一ダート王が期待されていますが、それどころではなくなっているかもしれません」(競馬記者)

 レース後、ネット上のファンからもSNSを中心に「あんなハイペースなのに何故行った?」「競り合う必要ないだろ」「もう少し制御できなかったのか」など、川田騎手の騎乗への疑問が噴出……。

 1番人気で最下位という衝撃的な敗戦だっただけに、なおさら注目を集めてしまったようだ。

 この騎乗は、関係者の間でも話題になった。ただ、話題の中心はハイペースに巻き込まれたことよりも、むしろ4コーナーでの川田騎手の“オーバーアクション”にあったという。

「4コーナーでC.スミヨン騎手のウェスタールンドが強引に割って入ったことで、インティがはじき出される形になりましたが、レース後には関係者から『あの程度の不利なら、まだやれたはず』『あんなに大袈裟に下げる必要ない』という指摘がありました。

というのも、ウェスタールンドから不利を受けたインティが急激に速度を落としたことで、後ろにいたメイショウウタゲが巻き込まれて国分恭介騎手が落馬する事態に……。『馬より先に騎手の方がやる気をなくしたのでは?』という陰口もあったようです」(別の記者)

 無論、不利は受けた当人にしかわからない面もあり、邪推の域を出ない。しかし、川田騎手には“前例”がある。

JRA川田将雅「変な競馬になって」武豊へ謝罪!? みやこS(G3)1番人気インティ最下位大敗に“疑惑”の声……のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!