NEW

スノボ国母和宏容疑者「大麻容疑」で逮捕。業界に広がる“薬物汚染”先日には「飲酒ひき逃げ」事件も

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 スノーボードの元五輪日本代表で指導者の国母和宏容疑者が「大麻取締法違反」の疑いで逮捕されたことが、各メディアの報道で分かった。

 国母容疑者は北海道出身の31歳。2007年の世界選手権で銀メダルを獲得し、2010年のバンクーバー五輪では8位に入賞するなど、数多くの功績を残したトッププレイヤーの一人だ。

 また、国母容疑者といえば、同五輪での「服装問題」が有名だろう。日本選手団公式ユニフォームをわざと崩した「腰パン」「緩めたネクタイ」という格好で、ドレッドヘアに鼻ピアスとスタイルが大きな物議を醸した。

 以前から素行不良が目立っていた国母。それだけに、ネット上では「やりそうな雰囲気だった」「ヤンチャなイメージが強いからな」などといったコメントが相次いでいる。

 スノボ界の事件といえば、2014年ソチ五輪のスノーボード男子ハーフパイプ銀メダリスト・平岡卓選手が今年9月に「飲酒運転」と「ひき逃げ容疑」で事情聴取されていることが判明。

 また、過去には国母容疑者と同様に大麻で逮捕されたトップ選手も存在するなど、すでにスノボ界のイメージは著しく低下している状況だ。

「平岡選手はジュニアの世界選手権で2連覇を達成し、昨年の平昌オリンピックでは日本代表に選出されるなど、いま注目の若手プレイヤーでしたね。ネット上では『これは引退だ』『またイメージが悪くなる』と非難が殺到。事件の余波はスノボ界全体にも広がりました。

遡れば、2014年、スノーボード全日本選手権の元王者が大麻取締法違反容疑で逮捕されていたことも。その2年後には、国際大会で上位の実績を持つ未成年のスノーボード男子選手がアメリカ遠征中に大麻を使用した疑いで、無期限登録停止の処分もありました。スノボ界はトップ選手の事件がとりわけ多い印象ですね」(記者)

“腰パン”騒動では「反省してま~~す」と開き直っていた国母容疑者。今回ばかりは、しっかりと反省してほしいところだが……。

スノボ国母和宏容疑者「大麻容疑」で逮捕。業界に広がる“薬物汚染”先日には「飲酒ひき逃げ」事件ものページです。GJは、スポーツ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!