NEW

JRAエリザベス女王杯(G1)「東西現場ネタ」ラッキーライラックに強調材料は……外国人騎手確保の「アノ馬」陣営がニヤリ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10日(日)に京都競馬場で開催されるエリザベス女王杯(G1)。秋の女王決定戦を目前に控えた東西両陣営から有力な情報が届けられた。レース前にご一読いただきたい。

 まず、ラッキーライラック(牝4歳、栗東・松永幹夫厩舎)から。

 今回はC.スミヨン騎手が鞍上を務めるが、近しい競馬関係者によれば、「牧場サイドから、府中牝馬Sを勝たなければ乗り替わりと石橋脩騎手に最後通牒があったから」だという。そして無念の3着に終わった前走については「物足りなさも残った。まさか2着もないとは…」と語り、「1800mを正攻法では押し切れないということなのかも」と明かしたという。

 今回は強調できるポイントはあまりないようだ。距離延長もあり、スミヨン騎手が鞍上を務めるものの、不安は大きい。

 そのスミヨン騎手のライバルとも目されているC.ルメール騎手は、センテリュオ(牝4歳、栗東・高野友和厩舎)で挑戦。だが、こちらもあまりいいコメントが聞こえてこない。

「1番人気だったマーメイドS(G3)は4着、前走の新潟記念(G3)は7着。G3でも勝利がないので、G1の壁は高すぎる気がしますね。スタッフも伸びしろには期待しているものの『正直、重賞ではパンチ不足』と明かしていました。

 今回、ルメール騎手が鞍上を務めますが、これも選んだのではなく『有力馬の陣営から声がかからなかったので仕方なく』という説が有力。いくらルメール騎手とはいえ、今回は厳しい戦いを強いられそうです」(栗東関係者A)

 さすがのルメール騎手もお手上げか?

 素質馬サラキア(牝4歳、栗東・池添学厩舎)もテンションがあがってこない。

※画像:サラキア/『競馬つらつら』より

 今年は2番人気と期待された京都金杯(G3)で7着、続く阪神牝馬S(G2)10着。エプソムC(G3)は2着に入ったものの、関屋記念(G3)5着、オクトーバーS(L)3着に終わっていた。

「デビューから陣営を悩ませていたゲート難はようやく解消したみたい。だけど、『本質はマイルから1800mくらい』と、この舞台の距離には難色を示していたよ。

 ディープインパクト産駒の牝馬らしくスピードと一瞬の切れが持ち味。ここで勝つために求められるスタミナなどの条件では他に一枚劣ると思うな」(栗東関係者B)

 鞍上は好調な川田将雅騎手だが、ここは分が悪いか。

JRAエリザベス女王杯(G1)「東西現場ネタ」ラッキーライラックに強調材料は……外国人騎手確保の「アノ馬」陣営がニヤリ?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!