NEW

【マイルCS(G1)展望】ダノンプレミアム主役も「鞍上問題」に揺れる大混戦!「鍵」を握るダノンキングリー、インディチャンプ、モズアスコットらの「代役騎手」たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 17日には、京都競馬場で秋のマイル王決定戦となるマイルCS(G1)が開催される。近年、主役不在の混戦模様が続くマイル界だが、今回も非常にハイレベルかつ魅力的なメンバーが集った印象だ。

 中でも春の雪辱、そして待望のG1・2勝目へ――。堂々の主役を務めるのがダノンプレミアム(牡4歳、栗東・中内田充正厩舎)だ。

 G1勝ちこそ、2歳の朝日杯フューチュリティS(G1)だけだが、すでに競馬界を代表するスターホースの一角を担っていると述べても過言ではないダノンプレミアム。前走の天皇賞・秋(G1)では、最強女王アーモンドアイに続く2着に入るなど、改めてそのポテンシャルを示した。

 春の安田記念(G1)では、スタートで大きな不利を受けての最下位。ゴール後、主戦の川田将雅騎手が下馬するシーンも見られたが、幸い大事には至らなかった。今回は初の中2週が注目されているが、陣営は「逆に調整しやすい。1度緩めるとそこからつくるのが大変なので」と意に介しておらず、1週前追い切りでも軽快な走り。待望のG1・2勝目へ、視界良好だ。

 近年のマイルCSは、古馬との斤量差の関係で3歳馬にとっては「鬼門のレース」と言われてきたが、ここ2年は3歳馬が連勝と、従来の概念が覆されつつある。

 ならばダノンキングリー(牡3歳、美浦・萩原清厩舎)は、十分にマイル界の若き王者になれる大器だ。

 春のクラシック2冠では皐月賞(G1)3着、日本ダービー(G1)2着と、いずれもタイム差なしで涙を飲んだダノンキングリー。しかし、秋を迎えてマイル路線に方向転換。単勝1.6倍に推された毎日王冠(G2)で古馬を一蹴し、一気に戴冠ムードが高まってきた。

 問題は主戦の戸崎圭太騎手が、先日のJBCレディスクラシック(G1)で落馬負傷したため、乗り替わりとなった点だ。デビューからずっとコンビを組んできた主戦騎手不在は、決して小さくはないマイナスになりそうだが、新コンビとなる横山典弘騎手が、ここに来て2週連続重賞制覇と調子を上げている。ここは「天才」といわれる大ベテランの手腕に期待したい。

【マイルCS(G1)展望】ダノンプレミアム主役も「鞍上問題」に揺れる大混戦!「鍵」を握るダノンキングリー、インディチャンプ、モズアスコットらの「代役騎手」たちのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!