NEW

JRAマイルCS(G1)「上り調子」マイスタイル! 人気薄に強い田中勝春騎手の手綱で「波乱」を呼ぶか?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRAマイルCS(G1)「上り調子」マイスタイル! 人気薄に強い田中勝春騎手の手綱で「波乱」を呼ぶか?の画像1

 

 17日(日)に京都競馬場にて秋のマイル王決定戦、マイルCS(G1)が開催される。

 大方の予想では、着差はあったが天皇賞・秋(G1)で2着と好走したダノンプレミアム(牡4、栗東・中内田充正厩舎)と、G1並のメンバーがそろった毎日王冠(G2)で古馬を蹴散らして圧勝したダノンキングリー(牡3、美浦・萩原清厩舎)の一騎撃ちと見られている。

 だが、競馬に絶対はない。こと、マイルCSに関しては過去10年で1番人気はわずか1勝。2着2回、3着2回と振わない。逆に4番人気以下の馬は9連対と、荒れる傾向にあるレースだ。

 G1馬も人気を落としそうな出走予定馬の中で、マイスタイル(牡5、栗東・昆貢厩舎)に注目したい。

 前走のスワンS(G2)は着差なしの3着、前々走は函館記念(G3)でテンから先頭を奪ってクビ差ながら逃げ切り勝ちした。今年のこれまでを振り返ると巴賞(OP)と小倉大賞典(G3)で大敗を喫しているが、一方でダービー卿CT(G3)3着、始動戦の京都金杯で2着とまずまずの成績を残している。

 重賞を1着、3着と上がり調子で臨むわけだが、アルアイン(牡5、栗東・池江泰寿厩舎)やペルシアンナイト(牡5、栗東・池江泰寿厩舎)、モズアスコット(牡5、栗東・矢作芳人厩舎)らG1馬が人気を落としているため、この程度の実績では人気にならないのも仕方ないところだ。

 今回は主戦騎手であるベテランの田中勝春騎手とのコンビで挑む。

 田中勝春騎手はまだマイルCSを勝ったことがないが、先週は3勝を挙げるなど、こちらも上がり調子でレースを迎える。現時点で勝率・連対率・3着内率のいずれも去年を上回っており、今年は「乗れている」騎手だと言える。

 そんな田中勝春騎手とマイスタイルのコンビに心強いデータがある。

 今年、田中勝春騎手は1番人気から4番人気までの馬に騎乗して7勝を挙げているが、5番人気以下の馬では10勝しており、人気薄の馬を上手く乗りこなして勝利に導いている。

 また、連対率で言えば6番人気の馬で24%と悪くない数字をマークしている。7番人気以下の馬でも5%と侮れない成績だ。

JRAマイルCS(G1)「上り調子」マイスタイル! 人気薄に強い田中勝春騎手の手綱で「波乱」を呼ぶか?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!