NEW

パチスロ「最大継続率90%」マシン攻略へ! 3桁乗せ」からどこまで伸びる!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パチスロ「最大継続率90%」マシン攻略へ! 3桁乗せ」からどこまで伸びる!?の画像1

 大松のパチスロ「ハイエナ」実戦。今回は未だ残る超荒波機『プレミアムビンゴ』について書いていきたい。

 本機は純増2.8枚の「ビンゴチャンス」で出玉を増やすAT機だ。このATは33ゲーム1セットになっており継続率によってセットが続いていく。最大継続率は90%だ。

「ビンゴシリーズ」を語る上で「hooah!」演出は欠かせない。セット継続時にこの演出が発生すれば「33ゲーム」ではなく「111〜3666ゲーム」のセットとなる。

 111ゲー厶刻みでゲーム数が増えていき何処まで増えるかは運次第だ。この抽選システムの中身は公表されていないが「50%モードと80%モードがあり、111ゲーム単位でループする」という説が現在有力である。

 本機では、この演出が初当りや継続時の1/12で発生する。3桁ゲームのATが獲得出来るので当たると大量出玉が期待出来るが、それだけ初当りが重くベースも低い。『ミリオンゴッド〜神々の凱旋〜』と同レベルの回転率だ。

 主なATの当選契機はチャンスゾーンと周期抽選だ。チャンスゾーンの突入率には設定差があるが、ビンゴリプレイの連続から突入する。低確率状態の場合は3連続から、高確率状態の場合は2連続から期待出来る(約24%〜45%程度)。ビンゴリプレイはどんな状態でも5連続するとATが獲得出来る。

 チャンスゾーンの「ザ・セグ」は一定ゲーム間ナビが発生するのでビンゴリプレイを連続させやすい。AT期待度は約25%ほどだ。

 周期抽選は複雑で解説が長くなるため割愛するが、周期抽選に狙い目がある。ズバリ「555ゲームの周期」が大きな狙い目で、実戦上の統計では約50%の当選率を誇る。

 一般的には300ゲームからが狙い目だと言われている。しかし気を付けて頂きたい。555ゲーム周期を超えると次の狙い目は1222ゲームの天井である。

 555ゲーム+前兆の約580ゲームを超えたとしても狙い目としては悪くない。だが本機は50枚で回せるゲーム数が約25ゲーム、そのまま追うなら更に1300枚程度の投資を覚悟しなければならない。

 今回座った台は385ゲームの台。350枚ほどで激アツの周期に到達する計算だ。因みに筆者はこの周期をスルーしたら天井までは追わない。

パチスロ「最大継続率90%」マシン攻略へ! 3桁乗せ」からどこまで伸びる!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!