NEW

JRAマイルCS(G1)栗東からダノンプレミアム「覇気なし」情報? 絶好調はあのG1ホース!

 17日(日)に開催予定のマイルCS(G1)。各陣営は出走馬の最終調整に余念がないが、そんな中、栗東関係者たちから出走馬に関して“スルーできない”情報がもたらされた。レース前にご一読することをオススメする。

 休み明けの天皇賞・秋(G1)で2着と好走したダノンプレミアム(牡4歳、栗東・中内田充正厩舎)。だが、今回はさほどレース間隔が開いていないことを不安視する関係者もいるようだ。

JRAマイルCS(G1)栗東からダノンプレミアム「覇気なし」情報? 絶好調はあのG1ホース!の画像1

「天皇賞・秋はアーモンドアイに完敗。最後の直線では苦しかったのか、少しふらつく場面もありました。

 今回はそこからの中2週での出走となります。状態維持が最優先だったので中間の稽古は軽め。追い切りなどでは落ち着いているようにも、前走の反動で覇気に欠けるようにも見えましたね」(栗東関係者A)

 G1・2勝目に黄色信号!?

 ダイアトニック(牡4歳、栗東・安田隆行厩舎)はその実績もさることながら、C.スミヨン騎手が騎乗するという点でも注目を集めている。

 スミヨン騎手には前走で騎乗したレイエンダという選択肢もあったものの、ダイアトニックをチョイス。栗東関係者Bは「得意とする距離である阪神C(G2)という話もあったけどスミヨン騎手の意見を尊重し、ここになった」と出走に至った経緯を説明。

 ただこれまでスプリントを主戦場にしていたこともあり、「マイルだと切れが鈍りがち。あとこれだけ詰めて使うのも初めてだから」と不安材料を教えてくれた。

 最高峰のメンバーを相手にする際は、距離適性の差や状態面の微妙な違いも勝負を左右することになりかねないが、果たして……。

 モズアスコット(牡5歳、栗東・矢作芳人厩舎)の状態は右肩上がりのようだ。

JRAマイルCS(G1)栗東からダノンプレミアム「覇気なし」情報? 絶好調はあのG1ホース!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「大失策」で伝統のG2が降格危機……かつてシーキングザパール、エルコンドルパサーら優勝も、近年は“ライバルG3”に完敗で崖っぷち
  2. JRA 武豊が大絶賛の「8冠ベビー」が遂にデビューも……大ショックのアクシデント発生!? 忍び寄る「復帰間近」福永祐一の影
  3. JRA 種付料No.1エピファネイアに「新たな疑惑」が浮上!? エフフォーリア・デアリングタクト輩出も今年が「試金石の一年」となるワケ
  4. JRA 「G1を勝てる」福永祐一、浜中俊も太鼓判!シルクロードS(G3)不振の三冠トレーナーが復活を託したのは菜七子世代の出世頭
  5. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊で7馬身差圧勝!「ルールですので仕方ありませんが…」重賞勝ち馬がOPで除外問題!? 今年の重賞戦線、とんでもない「裏切り」記録が継続中【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA C.ルメールを超える「1月に弱い男」!? 今年48戦「連対ゼロ」も、根岸S(G3)で5年前のリベンジチャンス到来!
  7. JRA「単勝1倍台の馬の複勝よりも自信があります」霜降り明星・粗品のお気に入りホースが仕切り直しの一戦!「買い材料」満載でレアキャラまでも再登場か
  8. JRA母は「G1級」の華々しいデビューから無念の早期引退、「怪物候補」ウィズグレイスに待ったをかける知る人ぞ知る超大物の血
  9. JRA根岸S(G3)「メンバー唯一」条件クリアは実力に折り紙付きのG1馬! 前走敗因は前が壁でハッキリ、激走サインは見逃し厳禁
  10. JRA 関東リーディングのトップ5で「一家独占」が発生!? 同姓ゆえ起こったファンの思わぬ「勘違い」とは