NEW

JRA調教師試験・四位洋文「合格」に蛯名正義「不合格」の謎……「僕の心は全く折れてない」も過去“激怒”でJRAと衝突?

【この記事のキーワード】, , ,

JRA調教師試験・四位洋文「合格」に蛯名正義「不合格」の謎……「僕の心は全く折れてない」も過去“激怒”でJRAと衝突?の画像1

 先月、JRAが調教師免許1 次試験の合格者を発表。今年もファンにお馴染みの有名騎手が数多く受験したため注目が集まっていたが、その「明暗」がくっきり分かれたようだ。

 そんな中、関係者曰く、関西の四位洋文騎手には1 次試験突破の朗報が舞い込んだとのことだ。

「初の受験となった昨年は『手が震えた。すごい雰囲気だったし、緊張した』と語っていた四位騎手ですが、2度目の受験となった今年は見事1 次試験合格となったようです。もちろん、まだ2 次試験が残っているので油断はできませんが、やはり難関の筆記試験を合格できた意味は大きいと思います。

2 次試験は面接になりますが、四位騎手のこれまでのJRAに対する騎手としての貢献度を鑑みれば、おそらく大丈夫ではないでしょうか。有名騎手の雄姿が見られなくなるのは寂しいですが、競馬サークルの中でも面倒見のいい先輩で通っている騎手だけに厩舎開業が楽しみですね」(競馬記者)

 その一方、またも高い壁に阻まれたのが、武豊騎手の同期としても知られる関東の大御所・蛯名正義騎手だ。

「一次試験の結果! ダメでした。沢山の方々に応援していただいたのにもかかわらず、自分の力不足でこのような結果になりました。でも、またこの先もっと勉強できる、レースに乗れる、と前向きに考えていきます!」

 自身の公式Twitterを通じ、そう心境を語った大御所・蛯名正義騎手。四位騎手と同じく今年で2度目の受験となったが、またも無念の不合格。ただ、それにしても何故、同じJRAを代表する大物騎手で明暗が分かれたのか。四位騎手が優秀だったと言ってしまえば身も蓋もないが……。

「すでに廃止になりましたが、以前JRAで通算1000勝以上あげた騎手に1次試験免除の特例があったように、調教師試験を受ける騎手たちにとって、現役時のJRAへの貢献度(成績など)が考慮されることはあると言われています。

そんな背景もあって、今年は蛯名騎手と四位騎手の2人とも合格すると見られていたんですが、まさか蛯名騎手だけが不合格になるとは……。試験前に騎乗制限まで設けて勉強に励んでいましたし、気真面目な性格なだけにサボっていたとも思えないんですが」(別の記者)

 記者曰く、もしかしたら蛯名騎手とJRAの関係が「決して良好とは言えないのかもしれない」という。

「蛯名騎手は真面目と言えば聞こえがいいですが、真面目過ぎるところが度々目立っていました。某紙でコラムを連載していた際も、自分の思ったことをズバズバ書いていましたし、特にレースの審議に関しては、例えそれがJRAの批判になっても正しいと思えば結構お構いなし。ファンの間でも『蛯名激怒』と話題になってましたね」(同)

 無論、蛯名騎手にも主張あってのことだろうが、時にはJRAの決裁委と衝突することもあったという。本人は「僕の心は全く折れてないよ! 『継続は力なり』 やっぱり馬が好きなんだよね」と、騎手を続けながら来年以降も受験する意向を語っているが、果たして……。

JRA調教師試験・四位洋文「合格」に蛯名正義「不合格」の謎……「僕の心は全く折れてない」も過去“激怒”でJRAと衝突?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  7. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  8. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  9. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  10. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々