NEW

JRA「逆ギレ」で日本レコード連発!? ジャパンC「外国馬ゼロ」で超高速馬場が問題視も、霞むアーモンドアイの世界レコード

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「もう、咎める者はいない」ということだろうか。

 16日、東京競馬場で行われた東京スポーツ杯2歳S(G3)は、1番人気のコントレイルが圧勝。そのレースぶりも然ることながら、JRAレコードを1.4秒も更新した驚異的な勝ち時計が話題になっている。

 10月初旬の開幕から約2カ月弱。この日の東京は、とにかく速かった。

「コントレイルの超絶レコードに沸いた東京競馬場ですが、同日2Rの2歳未勝利戦でも勝ったサトノフラッグがレコードを更新。それも単に東京競馬場のレコードを叩き出したわけではなく、両方とも日本記録となるJRAレコードですから。

2頭のポテンシャルの高さは誰もが認めるところですが、それにしても今日の東京芝コースは異常なほど速かったですね」(競馬記者)

 日本レコードの大幅更新といえば、思い出されるのが昨年のジャパンC(G1)でアーモンドアイが叩き出した世界レコードだ。

 当時の掲示板に記された「2:20.6」は、従来の日本レコードを1.5秒も更新。驚異的なタイムに沸いた一方で、レースに参加した海外の競馬関係者からは日本特有の「異常な超高速馬場」に戸惑いの声が相次いだ。

「あの時も、午前中の2歳未勝利戦からレコードが出る超高速馬場でした。近年の東京競馬場の馬場コンディションは開催が進むほど時計が速くなる傾向があり、2カ月開催末期のこの時期は、とにかく速い馬場コンディションになりがち。

これは来週のジャパンC(G1)でも、凄い時計が出るかもしれませんね」(別の記者)

 今年のジャパンCは史上初めて「外国馬ゼロ」という、寂しい状況で行われる今年のジャパンC。日本馬もアーモンドアイやリスグラシューといったトップクラスが不在で、史上稀に見る低レベルなメンバー構成となっている。

JRA「逆ギレ」で日本レコード連発!? ジャパンC「外国馬ゼロ」で超高速馬場が問題視も、霞むアーモンドアイの世界レコードのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!