NEW

JRA馬主近藤利一氏死去「武豊アドマイヤ全盛→確執」「佐々木主浩の師匠?」「超高額落札」など常に話題に

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アドマイヤベガ、アドマイヤグルーヴ、最近ではアドマイヤマーズなど、JRAの「大物個人馬主」の1人として知られた近藤利一氏が17日朝、大阪市内の病院で亡くなったことがわかった。享年77歳。

 1984年に中央競馬の馬主資格を取得した近藤氏は、98年の朝日杯FSをアドマイヤコジーンで制しG1初制覇、99年にはアドマイヤベガで日本ダービーも制した。その後もエリザベス女王杯連覇のアドマイヤグルーヴ、芝とダートでG1制覇を果たすなど活躍したアドマイヤドン、2007年の年度代表馬アドマイヤムーンなど活躍馬を多く所有。最近でもアドマイヤマーズが朝日杯FSとNHKマイルCを制するなど、常に競馬界の中心にあった。

「高額落札馬主」としても知られ、1億円超の競走馬を落札するのは当たり前、一昨年も「イルーシヴウェーヴの2017」を国内セール史上2位の5億8000万円で落札。話題を振りまき続けていた。

「ファンの間では、90年代から2000年代中盤までの『武豊騎手ファースト』が印象的でしたね。アドマイヤベガ、アドマイヤグルーヴなどがコンビの象徴的な存在です。ディープインパクトが2006年の天皇賞・秋に登録した際も(出走は回避)、自身の馬に乗せたいと表明したほどの入れ込みようでした。

しかし2007年春、アドマイヤオーラの皐月賞(4着)、アドマイヤムーンでの香港クイーンエリザベス2世C(3着)の結果を受け、近藤氏が武豊騎手を批判。両者の間で確執が生まれたとされ、その後騎乗はまるでありませんでしたね。

最近でもヴィルシーナ、シュヴァルグランらを所有する佐々木主浩氏の『馬主業の師匠』というべきポジションだったのは誰もが知るところ。やはり存在感は大きかったですね」(競馬誌記者)

 金子真人氏、里見治氏らと並ぶ中央競馬の超大物馬主だった近藤氏。心からご冥福をお祈りしたい。

JRA馬主近藤利一氏死去「武豊アドマイヤ全盛→確執」「佐々木主浩の師匠?」「超高額落札」など常に話題にのページです。GJは、競馬、, , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!