NEW

木下優樹菜「恫喝→口止め強要」!? 裏表なさすぎ(悪い意味で)

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

木下優樹菜「恫喝→口止め強要」!? 裏表なさすぎ(悪い意味で)の画像1

 11月18日、タレントの木下優樹菜が活動自粛を発表した。

「先月上旬に実姉が働くタピオカ店の店長兼オーナーに対し、SNSのダイレクトメールで賃金をめぐり、恫喝まがいのメッセージを送っていたことが発覚。その後、木下はインスタグラムで謝罪するも、世間の目は厳しく、CMはすべて放送自粛になり、テレビも不自然にカット。

 さらには出演予定のイベントはキャンセルにまで発展し、それがあっての今回の自粛発表となったようです。まあ、少々遅すぎた感もあり、ネットでは『休業でなく引退しろ』なんて厳しい声が殺到していますよ」(芸能ライター)

 当初マスコミはこの問題について、木下の事務所の要請から沈黙を貫ぬいていた。だが、活動自粛が発表されると、マスコミ各社まるで鬱憤をはらすかの様に報道を開始した。

 その中でも『直撃LIVEグッディ!』(フジテレビ系)のこの事件への熱量は半端なかった。なんと、木下がインスタグラムで謝罪した日と同じ10月9日に店長へ向けて送られた“口止め”メールを公開したのだ。

「メールはとても丁寧な口調であり、あの恫喝まがいのメールを送った木下が書いたと思えないほどの出来。ネットでも『この文章木下が書いたと思えない(笑)』なんて言われていました。

 しかし問題は最後。第三者には口外しない様にと口止めを要求しているんです。自分がしておいて口止めを要求するとは……、いくらなんでもあんまりかと。ネットでも『要求を通り越して強要だよ!』『悪い意味で裏表ない』と言った声が聞こえており、木下へのバッシングが止むどころか、さらに加速していますよ」(同)

 自分でうったケンカなのに、口止めまで要求するとは、肝が座っている木下。この事件の余波はまだまだありそうだ。

木下優樹菜「恫喝→口止め強要」!? 裏表なさすぎ(悪い意味で)のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事