NEW

武豊やルメール、関係者も意のままに? ジャパンCで動く権力と巨額マネー?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今年のジャパンCは、金子真人HDの馬が大挙して押し寄せる!

 24日に東京競馬場で開催されるジャパンC(G1)。

 今年は外国馬の出走が史上初のゼロ、日本馬もアーモンドアイら超一線級の参戦はなく、まさに群雄割拠の様相を呈している。

 そんな中、自身が所有する馬「4頭」をこのレースに出走させる馬主がいる。それが、ディープインパクトでお馴染みの金子真人HDだ。今年はワグネリアン、ユーキャンスマイル、マカヒキ、ジナンボーを登録。出走予定となっている。

 もともと日本でもっともG1を勝っている個人馬主だが、ワグネリアンとマカヒキはそれぞれ日本ダービー馬であり、その層の厚さ、ラインナップの濃さがうかがい知れるところだ。先日亡くなったアドマイヤ・近藤利一氏らと並ぶ超大物馬主である。

 今やサンデーレーシングやシルクに代表される「クラブ法人」が全盛の時代ではあるが、やはり巨額を投じて競走馬を所有する個人馬主こそが、競馬界の「頂点」というべき存在であることに揺るぎはない。

 武豊騎手、C.ルメール騎手など競馬界の顔たるトップジョッキーですら、馬主の意向には決して逆らえない。レース内容でオーナーと騎手が衝突し、その後その所有馬に乗れなくなるなんて話は、決して珍しくない。

 無論、馬主の権限は騎手だけに及ぶものではない。所有馬を預ける厩舎の調教師や助手たち、情報を仕入れたいマスコミ、果ては生産者やJRAにとっても「最重要のお客様」であり、その影響力がどれほどかは筆舌に尽くしがたい。

 そして、馬主が「競馬関係者」でありながらもっとも特異なのが「馬券購入が可能」という点だ。

 先述のように、競馬にかかわるありとあらゆる側面に影響力を有する馬主は、当然レースの貴重な、かつなかなか表にでない情報や「ホンネ」を簡単に入手できる。一つのレースにおける「出走馬個々の本当の状態」や「自信度」など、レースに直結するような情報をまとめて得ることすら可能なのだ。

 そんな「情報のオアシス」ともいえる環境で、馬券を購入したら……想像しただけでも身震いしてしまうが、実際、自信の「決め打ち」で多額の資金を馬券に投じ、信じがたい金額を動かしているオーナーがいるのも事実だ。

 本来、こうした状況は馬主の「特権」であり、高額の競走馬を購入した人物だからこそ得られるもの。一般人からすれば別世界としか言いようがないものだ。

 ただ、この「特権」を独自のルートで入手し、一部馬券ファンに提供、大きな的中を届け続けている情報社がある。それが【トップシークレット】である。

【トップシークレット】は、業界唯一といっても過言ではない「馬主情報専門」の情報社。絶大なる権利を持つ馬主と太いパイプを有し、彼らから得られる情報をもとに、一部会員向けに買い目を提供。その威力は玉石混交の情報社界隈にあって「圧倒的」「驚異的」ともいえるものだ。

 説明よりも、以下をご覧いただいたほうがわかりやすいかもしれない。

馬主情報を駆使すれば、当然のように高配当が……?

 先日のエリザベス女王杯でも【トップシークレット】は馬主からの情報を元に買い目を構築。結果は3連単2万6480円で、獲得配当は26万4800円にも上った。

 無論、これが馬主であればさらに大きな金額を動かしているのだろうが、一般的な使い方でもこの破壊力だ。この結果だけでも、十分に【トップシークレット】の信頼性につながるのではないだろうか。

 また【トップシークレット】は現在、「2年連続でジャパンCを的中」している。これは、ジャパンCが日本ダービー、有馬記念と並ぶ競馬の祭典であり、情報元も「的中させたいレース」として、情報集めに余念がない状態であるからと考えられる。

 以下がその結果だ。

ジャパンCを2年連続「1点的中」! 一昨年は獲得配当137万円!

 とりわけ2018年の結果とその「内容」は恐ろしい。勝ち馬アーモンドアイに関しては『デビュー以来最高のデキ』『来年は世界一を目指している馬だし、53キロなら初の古馬相手でも負けられない』と、超がつくほど強気の関係者の声を入手。2着キセキにいたっては『冗談抜きで前回より良い。と言う事は、菊花賞を勝った時よりも遥かに良いと言うこと』『差し比べでは分が悪いが、直線を向いた時点で後続と5馬身くらいのリードがあれば』と、レース内容までも“予言”してみせた。キセキ陣営が本気で逆転を狙っているのが明らかだからこその馬連、そして的中である。

 今年のジャパンCは例年以上の混戦模様だが、それでも「馬主の大口勝負」に揺らぎはないようだ。すでに『決して大々的には報じられない驚愕の馬主情報』を、【トップシークレット】は入手しているという。

 今回、【トップシークレット】では『馬主情報』の威力を多くの方に体感して頂く為、『決して大々的には報じられない驚愕の馬主情報』を入手しているジャパンCの【馬連1点&3連単30点】を特別に無料公開することを正式に決定した。だからこそ、これまで一部会員にのみ提供してきた情報の「中身」を見せてくれたのだ。

 今年のエリザベス女王杯の3連単、2年間のジャパンC結果を見るだけでもその破壊力は十分理解できるはず。ぜひ、本当に価値ある情報、馬主しか有さない情報の威力を体感しようではないか。

CLICK→【無料公開!ジャパンC 馬連1点&3連単】トップシークレット

※本稿はPR記事です。

武豊やルメール、関係者も意のままに? ジャパンCで動く権力と巨額マネー?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!