NEW

JRAアーモンドアイ危うし「世界No.2」マジカルと香港C激突へ!? 「日本の至宝」VS「超タフクイーン」実現は

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRAアーモンドアイ危うし「世界No.2」マジカルと香港C激突へ!? 「日本の至宝」VS「超タフクイーン」実現はの画像1

 

 12月8日に開催される香港国際競走の出走予定馬が発表された。

 日本からは香港スプリントにダノンスマッシュ、香港マイルにインディチャンプ、ペルシアンナイトら4頭、香港Cにはウインブライト、アーモンドアイ、香港ヴァーズにはラヴズオンリーユー、ディアドラら4頭が出走を予定している。

 中でも注目は、豪華メンバーが揃った天皇賞・秋を圧勝したアーモンドアイ(牝4 美浦・国枝栄厩舎)だろう。すでに国内外でG1を6勝し、ここを勝てば史上最多タイの7勝となる。日本馬勝利例の多い香港の舞台、しかも特異の2000mならば、ここでも他を寄せ付けない走りをしてもおかしくはないだろう。

 ただ、盤石に違いないアーモンドアイ陣営すらも「警戒」せざるを得ない馬名が出走馬の中に……それが「世界No.2牝馬」マジカル(牝4 愛 A・オブライエン厩舎)である。

 今年の英チャンピオンSを筆頭に、欧州のG1を4勝しているマジカル。これだけでもスーパーフィリーであることはわかるが、昨年の米ブリーダーズCターフ、今年のプリンスオブウェールズS、エクリプスS、ヨークシャーオークスをいずれも2着している。この4レースのうち3つは、いずれも勝ち馬が世界最強牝馬エネイブルだ。残るプリンスオブウェールズSで負けた相手も、欧州最強古馬クリスタルオーシャンである。

 まさに「時代が違えば……」と思わせる名牝中の名牝で、数々の名馬を管理するオブライエン調教師にも「特別な牝馬」といわしめる存在だ。すでに今年9戦を走っており、タフさと安定感を両立させている点も特筆すべきだろう。

 このマジカルが出るかもしれない……日本の陣営としても意識せざるを得ないと思うのだが……。

「最近は香港の馬場も速くなっていますし、基本的にはアーモンドアイ有利と見ていいかと思います。マジカルは一度『引退・繁殖入り』もアナウンスされていますし、万全の状態で出られるのかも怪しいところ。もちろん、出走するかもまだ確定ではないという見方も強いです。

 ただ、仮に出走すれば、アーモンドアイが初めて『世界的な馬』と対戦することになります。今年はドバイターフを制していますが、2着がヴィブロスだった点からも、国際評価にはつながりづらいところ。

 無論、ここで圧勝したからといって『エネイブル級』などとはいえないのが競馬の難しさではありますが、仮にマジカルに負けるようなことがあると、一気に評価は落ちます。こうした相手にも天皇賞のような強さを見せるのは、アーモンドアイの地位を保ち、底上げする上で必須といえるでしょう」(競馬誌ライター)

 今の香港はデモ騒動で大きく揺れているが、まずは無事の開催、そして世界レベル対決の実現を願いたいところだ。
 
 
 
 

返信転送

JRAアーモンドアイ危うし「世界No.2」マジカルと香港C激突へ!? 「日本の至宝」VS「超タフクイーン」実現はのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!